バネ指

期間限定キャンペーン(初回割引のご案内)

当院には難治性の症状の方が多く来られます。

そんな方たちはイヤというほど色々な病院や整骨院、整体院に行かれています。

他との違いは結局、1度受けてみないとわからないと思います。

そこで少しでも来院しやすいように期間限定、人数限定で初回割引のキャンペーンを行っています。

この機会にぜひ当院の整体を体験してください。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • 朝起きる時に指が伸びず、ひっかかり気になる
  • 指が伸びずにひっかかるので曲げるのが怖い
  • バネ指と診断され治療を受けているが一向によくならない
  • バネ指がひどくなると手術しかないと言われて不安がある
  • バネ指になっている指が増えてきて全部の指がなるのかと怖い

腱鞘炎の痛みがなくなりました

アンケート用紙

けんしょう炎が悪化して、病院の療法ではどうしようもなく、

根本を治したいと考え、整体院に電話し相談したら、施術可能ということだったので、

通院しだしたら、それまでの痛みが信じられないくらいの早さでなくなり、

内臓系のことや骨のゆがみなど、今まで放置していたところも徐々に

しんどさや痛みなどがかいぜんしていくのが分かり助かりました。

 

一般的に思われているようなガキゴキといった施術はなく、

逆にくすぐったく感じることがあります。

 

 

H.M 様  女性  大阪市

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

今まで探していたところに出会えた!

アンケート用紙

肩こり、腰痛、腱鞘炎、身体中に具合の悪い箇所があり、今まで色々な施術(カイロ、整体院、鍼など)を試してきましたがなかなか継続して通院できませんでした。

しかしこちらでは受付の方や先生の笑顔に迎えられ、毎回きちんとカウンセリング、そしてどこをどのようにアプローチしてくださるかを伝えてくれるので気に入っています。

又、自分で出来るストレッチも教えて下さり、今まで探していたところに出会えた!と感じております。

匿名希望 女性 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

体の痛みや疲れが取れて生活が快適になりました。

アンケート用紙

手の痛み、かたこりを直したくてここに行こうと思いました。

 

部屋の雰囲気はとてもくつろげて、体のつかれが取れていきます。

 

どうして痛くなるのかここに来るまではわからなかったけれど、先生方がその原因を教えてくださったおかげで予防法が分かりとても感謝しています。

 

体の痛みや疲れが取れて生活が快適になりました。ありがとうございます。

荻原 沙織 様  年齢 22歳 大阪府柏原市  派遣

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

バネ指について

バネ指とはなにか

筋肉の腱は腱鞘という鞘(さや)の中を通っているのですが、通常はこの腱と腱鞘はあまり摩擦がなく

手首や指をスムーズに動かすことができます。

その部分が使い過ぎにより炎症が起こるとすべりが悪くなり、摩擦が起こってきます。

それがさらに炎症を起こし痛みがでてくるというわけです。

腱鞘炎が起こる場所によって名前が変わります。

 

指⇒バネ指

手首⇒ド・ケルバン病

 

腱鞘炎になりやすい方

・仕事でパソコンをよく使う職業

・ピアニスト、打楽器奏者などの演奏家

・漫画家、作家などの筆記具を使う仕事

・家事

・介護職

・乳児の抱っこ

などから起こります。

また、腱鞘炎は女性ホルモンとの関係もいわれており、妊娠中・産後・更年期の女性も

女性ホルモンのバランスがおかしくなり発症してしまいます。

当院にも出産後の腱鞘炎の方が多く来院されています。

バネ指、腱鞘炎になるとどんな症状がでるの?

腱鞘炎の前兆は

・手首や指がうまく動かせない

・痛みはないけど手首に腫れが見られる

・動かすとだるく感じる

という症状から始まり、

 

初期症状

・指や手首の使用中の不快感

・瞬間的に痛みが走るが、次の瞬間に痛みが消えていることがある

・痛い箇所はあるものの具体的にどこが痛いのか分からない

 

中期症状(腱鞘炎の自覚がでる段階)

・痛い箇所が明確になる

・痛み、不快感も継続的に起こり日常生活に支障が出てくる

・朝起きた時などに指が伸びない

 

末期症状

・じっとしていても痛い

・腫れと熱がかなりある

・常時、手を開こうとすると指がひっかかる

 

こういった症状の経過を辿ることが多いです。

 

 

バネ指の西洋医学的な対処法とは

安静

湿布

炎症止めの薬、注射

テーピング固定

サポーター

 

症状がひどい場合や何度も繰り返し症状が出るようなら、外科的な手術が必要な場合もあります。

もはや自然治癒が見込めない場合、腱鞘を切開して傷ついた組織を取り除くという処置をすることになります。

 

また手はすごく繊細な部分です。メスを入れると後遺症が残るリスクもあります。

術後に握力が戻らなくなったりしてしまうケースがあったり「反射性交感神経性萎縮症」という、

腱鞘炎以上の痛みが走る新たな病気を抱えてしまうことも少なくありません。

 

そうならないように早めに改善していくことが大切になります。

その前に腱鞘炎、バネ指の本当の原因は何なのでしょうか?

 

 

当院の他とは違うバネ指に対する3つの考え方

1、指や手首だけ見ても本当の原因はわからない

当院ではバネ指は上半身全体の問題と考えています。

 

先ほどもバネ指の説明でありましたが、手の筋肉が通る鞘の部分でなんらかの原因で腱がひっかかるようになり、バネ指の状態になってしまいます。

 

指の筋肉や腕の筋肉、肩の筋肉と種類は分かれていますが、実際人間の筋肉は筋膜という膜につつまれていて、筋肉ごとに明確に分かれているわけではありません。

 

上半身の筋肉は指から腕、肩にかけて同じ筋膜で覆われており繋がっています。

つまりバネ指は指だけの問題ではなく、腕や肩、首までが関連して起こっていることがほとんどです。

 

バネ指のしこりができているところは重視して施術しなければいけませんが、上半身全体を整えることで一気に改善することも珍しくありません。

 

 

2、あなたの生活習慣で手首、指に負担のかかることが多くないか

バネ指や腱鞘炎も結局は使い過ぎで痛くなっているケースが多い。

 

あなた自身の生活習慣で手首や指に負担のかかる作業や仕事が多いのか。

そしてあなた自身の身体の使い方が手首や指に負担のかかる使い方をしていないか。

この2つを見直すこともすごく重要になります。

 

手首、指に負担のかかることが多い

・重い荷物をよくもつ

・子供を抱っこする

・デスクワークで指、手首の動きばかり

・物をしばったり、丸めたりなどの手作業が多い

 

などがあると日常でも負担がかなりかかってしまいます。

これは少しの工夫をするだけで負担を減らせる場合もあるので、どんな作業が多いのか教えて頂き、一緒に考えていきましょう。

 

 

身体の使い方が手首や指に負担のかかる使い方をしている

・荷物をもつ時も手首しか使っていない

・子供の抱っこを指先に力を入れてしている

・マウスをもつ時に手首だけで動かしている

など

肩甲骨や肩周りの筋肉や関節をうまく使えていない方が多い印象です。

 

こういった身体の使い方も気になる点があれば伝えていきます。

 

3、原因部分をしっかり明確にする

そして先ほどの説明でもありました、女性ホルモンが関係しているケースもよくあります。

 

当院では身体の歪みは3つの疲労ででてくると考えています。

 

骨格、筋肉、筋膜、ストレス、内臓、様々な観点から検査を行い、不具合が起こっている部分の施術を(手首、指でない場合もあります)することで、バネ指を改善していきます。

 

もちろん女性モルモンのバランスや負担がかかっていないかなども検査していきます。

 

病院や他の整体ではこの3つの視点が欠けていることが多く、なかなか改善できていないと思われます。

 

 

あなたの症状を最短で改善するために当院は様々な準備をしています。

手術と言われていても決してあきらめないでください。

 

バネ指は結果であり、その部分だけアプローチしてもなかなか改善しません。

 

当院は多方面からあなたの身体をサポートします。

 

一緒にその辛い症状の改善に向かって頑張りましょう。

 

不調の原因

不調が悪化してしまう3つのステージ

 

ステージ1

疲労が溜まり体の歪みが出ます。

 

疲労が溜まる部分は大きく3種類に分かれます。

  • 肉体の疲労
  • 精神の疲労
  • 内臓の疲労

 

この段階では疲労感程度で寝れば治り、その後は気にならなくなります。

 

 

ステージ2

体の歪みが原因で症状が出ます。

 

最初はたまに感じる程度

徐々に症状の強さとでる時間が増えてきてしまいます。

 

ステージ2の末期には常に症状がでてくるようになります。

しかしまだ病院の検査やレントゲンには写らない程度です。

 

 

ステージ3

病院で診断されるレベルに悪化

 

ここまでくると病院で明確な診断を受ける様になります。

 

末期には手術しなければいけないほどの状態になります。

 

ステップ1

症状の根本原因を探る

 

症状の原因は9割、症状のある部分にはないと言われています。

  • 丁寧なカウンセリング
  • 細かい検査

 

により肉体、精神、内臓の3つの視点から分析し、本当の原因はどこにあるのかを探っていきます。

ステップ2

症状の原因部分の疲労を根本的に取りきる

 

当院には頑張って色んな方法を試したけど、なかなくよくならないという方がたくさん来られます。

話を伺っていると

  • 局所の施術のみ、薬や注射など症状を抑えるだけだった
  • 原因部分へのアプローチではなかった
  • 疲労が残っていて根本的に改善していなかった

この様な理由が原因にありました。

 

当院では原因部分に対して

手術や薬のなかった時代から行われている日本古来の整体法により無痛で施術していきます。

その後に根本的に疲労を改善する為の施術計画をお伝えしていきます。

ステップ3

疲労が溜まった根本的な生活習慣の改善

 

日頃生活していくと疲労は必ず溜まります。

寝たら体がスッキリしているということを目指して

  • 悪習慣、体のクセのアドバイス
  • 疲労が溜まった時のセルフケア
  • 疲労を溜めない為に日頃気を付けておくポイント

この様なことを行い、また再発しない体を目指して一緒にサポートしていきます。

 

 

この3つのステップを踏むことで症状の根本原因を改善し再発を防ぐことができるのです。

LINE

はじめまして!「ゆたか整体院」

院長の松井 孝之です。

 

私は16年間で、延べ約4万回以上の施術をしてまいりました。

 

その経験で衝撃を受けた出来事があります。

 

その一人のクライアント様は20代の女性でしたが、お会いした時には杖をついて歩いて来られました。

 

話を聞くと1年前から腰痛がひどくなり、整形外科でマッサージや電気などをされていたようなのですが、全く改善せず20代でコルセットを巻いて杖を持つというところまで悪化してしまったのだそうです。

 

腰痛の施術をした後に動きを確認してもらった際、動きやすさに驚かれてその直後に、

 

「一生このままだと思った」

 

と涙ながらに今まで不安だったことを話してくれました。

私はこの一言に衝撃を受けました。

私は今まで施術するときは

「どうすればこの辛い症状がよくなるのか?」

ということばかりただただ一生懸命考えていました。

 

この人がこれまで腰痛で

どれだけ不安だったのか?

どれだけ苦しんできたのか?

それを理解せずに今まで施術していたことが恥ずかしくなりました。

 

その後、この方は施術を重ねるうちに改善し、いまでは腰痛に悩むことなく日常生活を送られています。

 

この体験から、症状の奥に潜む悩みや不安も一緒に和らげられるように毎日施術をしております。

 

病院や整体に通っているけど全然改善しない、手術提案をされた、もうどうしたらいいかわからない、そう思っている方、諦めずに一度相談してください。

症状をどう改善していくかあなたの立場になり考えていきます。

一緒に改善を目指しましょう。

………………………………………………………………………………

※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

………………………………………………………………………………

カラダの専門家としての取得資格

国家資格

柔道整復師    鍼師    灸師    按摩マッサージ指圧師

 

民間資格

妙見活法整体   真体療法   JRC   BRM

山本操法     無形エネルギー共鳴療法

ピラティスマットトレーナーⅠ&Ⅱ

推薦

痛みのある人を救いたいという気持ちがスゴイです

院長 白井 天道先生
ホームページ 西住之江整体院

坐骨神経痛、足のシビレ専門整体院

————————————————————
※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
———————————————————–

絶対よくするんだという熱い想いをもった先生です

院長 仲山 竜一郎 先生
ホームページ なかやま鍼灸整体院

慢性的な不調を改善する専門整体院

————————————————————
※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
———————————————————–

同業者の推薦の声

LINE

・他の整体院や整骨院では「バキバキする施術」をしたり、ただ「ギューッ」と痛いところを押すなど強引な施術で怖い思いをした!

・そのとき気持ちよくてもすぐに元に戻る!

そんな経験はありませんか?

 

ただ強く押したりやみくもにバキバキする。

その施術、余計に筋肉を壊していく可能性があります

当院では触れる程度の体に優しい刺激で歪みを

整えるので、痛くない安心の整体なのです。

 

この独自の無痛整体でたくさんの方に喜ばれTV、雑誌でも取り上げられました。

<ポイント>独自の無痛整体は社内でもしっかり研修しています

毎週水曜日に技術の研修を行い、常にスタッフも技術を高める努力をしています。

施術に入るためにはテストもあり、受かった術者しか施術に入れません。

<ポイント>独自の無痛整体は常にアップデートされています

オーナー自身も今も常に勉強しており、社外に最低月2回勉強に行っており、技術をアップデートしています。

技術は日々進化しています

私たちは原因が分からないと再発は防げないと考えています。

この事実を初めて知る方が多く、混乱してしまうので

 

目で納得

聞いて納得

体感して納得

して頂けるように説明や施術を心がけています。

本当の原因があなた自身理解できれば私たちのアドバイスやケア、予防も的確に行うことができます。

 

本当の原因をあなたが理解することが、その辛い症状の改善、再発予防の近道になります。

 

 

 

よく整体院や整骨院に行くと隣の人と目が合いそうになったりぶつかりそうになったり、バタバタしていて集中して整体を受けられなかったことはありませんか?

 

実は集中していないのはあなただけではありません

その状況は先生も集中できていないことをご存知ですか?

 

私は以前整骨院で勤務していたことがあります。

周りのバタバタ感で整体に全く集中できなかった!

他の先生に聞いても同じ意見でした。

 

ちゃんとお互いに集中して質の高い整体を体感してもらいたい!その想いで当院は完全個室にしました。

ぜひ完全個室で質の高い整体を体感してください

当院では

・開院時間10時~20時まではいつでも来院可能(昼休憩なし)

土日祝も9時~19時まで

年末年始、お盆もほぼ営業

予約優先制でお待ちいただくことがありません

無駄な施術を一切しない短時間施術

(初回1時間、2回目以降20~30分程度)

 

この様に通院したいのにできない方の為に、常に通院しやすい環境を提供しています。

口コミサイトに不正が多いことをご存知でしょうか?

 

当院では一切不正ができない手書きの体験の声にこだわり

たくさんのお客様から手書きの声をいただきました。

 

ネットに載るのが恥ずかしいという方もいらっしゃるので、実際に頂いた声の数は300件以上です。

 

現在も更新中なので、ぜひあなたと同じ症状の方の声を探してみてください。

 

写真は頂いた声のほんの一部です。

お客様の声のページにたくさんあるので、ぜひご覧ください

そんなつの理由で、ご紹介により遠方からもたくさんご来院頂いています。

 

一部例

大阪市 北区・都島区・旭区・中央区・鶴見区・城東区・淀川区

市外  東大阪市・守口市・門真市・豊中市・吹田市・池田市・高槻市・堺市

兵庫県 伊丹市・尼崎市・川西市

滋賀県 神奈川県 東京都 千葉県 カナダ ハワイ など

 

痛みや不調は【体からの警報】です。

 

私は寝たきりの方にもご自宅に伺い施術やリハビリもしています。

 

その方々が

「もっと早く体のことを考えていればよかった」

と口をそろえておっしゃいます。

 

施術をする中で

「もうこの症状とずっと付き合うのかと思っていた。」

「もっと早く出会えてればよかった」

「これで我慢してた旅行にいけます!」

 

などの声を頂くことがあります。

そのたびにこの仕事を本気でやっていてよかったな~と思います。

 

健康は人生で1番の財産です。

健康でなければ充実した人生は歩めなくなります。

実際に寝たきりや重症の方々を前にして健康の大切さをひしひしと感じています。

 

そして人生の時間は有限です。その限られた時間を辛い症状で悩んで我慢しながら過ごすのか、やりたいことをして楽しく過ごすのか。

もし今辛い症状で悩んでいるのなら、一緒に根本改善を目指して頑張りませんか?

 

あなたの体の専門家としてぜひサポートさせてください。

ご連絡心よりお待ちしております。

 

 

よくある質問

Q、施術は痛いですか?

A、妊婦さんや89才の方も受けられている、バキバキしない優しい整体で痛みはありません。

 

 

Q、服装はどんな服装でいけばいいですか?

A、ご自身でお着替えを持ってくる方もいらっしゃいますが、当院ではお着替えもご用意していますので、服装は気になさらずお越しください。

 

 

Q、1回で治りますか?

A、辛い症状は長年の生活によってでていることがほとんどなので、1回で取りきれるとは考えていません。1度身体を診させていただき身体の状態と合わせてご説明させていただきます。

バネ指のQ&A

Qひどくなったら手術といわれてますが大丈夫でしょうか?

A大丈夫です。

手術と言われていた方も改善しています。1度診させていただき、あまりにひどく改善できないようであれば検査、説明時にお伝えします。

 

Q予防方法はありますか?

Aあります。

まずはズレを戻すことが大切ですが、そのあとは動き方に問題があったので、負担がかからない動きを覚えていくことで予防になります。

当院でもその後の運動や予防方法をその人に合わせたものをお伝えしています。