肩こりとリンパの腫れ

肩こりとリンパの腫れ

肩こりに悩む方は多く、痛みや重だるさだけでなく、肩こりがひどくなるとリンパが腫れる方もいらっしゃいます。

「肩こり」と「リンパの腫れ」にはどのような関係があるのでしょうか。

そもそもリンパとはなにか?

リンパとは、簡単に言うと血液の成分が血管の外に染み出たものです。

 ⇒血液の中に血しょうという成分があります。この血しょうの一部が
血管の外に染み出し、リンパ管に回収されたものがリンパ液とよばれます。

このリンパ管は全身を巡っており、内臓や皮膚といったところに網の目状に
広がっています。リンパ管を通り、リンパ液が身体中を流れているのです。

全身を巡るリンパ管の通り道に、800箇所もの「リンパ節」とよばれるものがあります。
リンパ管の集まったこの節は、リンパ液に含まれる細菌や異物を除去する役割を持っています。

肩こりに関わる3つのリンパ

身体には主要なリンパ節がいくつかあり、特に肩こりに関わってくるリンパ節はこの3つ。

・頸部リンパ節(首の付け根、顎)…300以上ものリンパ節が頸部に集中!
ここが滞ると、肩こり、頭痛、自律神経の乱れ、二重あごなどを引き起こします。

・鎖骨リンパ節…すべてのリンパが最後にこの鎖骨リンパに合流します。       鎖骨リンパ節は老廃物の最終出口地点がある場所です。
ここが滞ると、慢性的な肩こり、肌トラブル、老化、倦怠感などが起こります。

・腋窩(えきか)リンパ節…脇の下にあるリンパ節です。
ここが滞ると、二の腕のたるみや肩こりを起こしやすくなります。

 

他にも、、

・腹部リンパ節

  ・鼠径(そけい)リンパ節

・膝窩(しっか)リンパ節

などのリンパ節が身体の主要な部分にあります。

ではこの身体中に張り巡らされたリンパ管、そしてリンパはどのような働きをするのでしょうか。

リンパのはたらきとは

リンパの働きは大きく「排泄機能」と「免疫機能」の2つに分かれます。

 ・「排泄機能」

老廃物の回収と排泄

細菌の退治

ウイルスなどへの抗体を作る

異物や細菌を血管に入れない

などがカラダにとても重要な役割を担っています(´∀`)

全身に800箇所もある「リンパ節」

血液との違い

血液は心臓をポンプとし全身に流れていますが、リンパは筋肉の動きによって自発的に流れています。
よって運動不足になると、どうしてもリンパが滞りがちに。

リンパの滞りによって起こる影響

リンパの滞りによって起こる影響

・むくみ

・老廃物が排出されないため免疫の低下

・疲労

・肩こり

などさまざまな悪影響が(;゚Д゚)

リンパの滞りも身体の歪みにより起こってきます。

例えばホースも途中が捻れていればうまく水を通すことができないように、
身体の歪みがあればうまくリンパも流れなくなってしまうのです。

上記の様な症状がでている方は1度ぜひ当院にご相談ください。
リンパのつまり具合、身体の歪みなど細かくみさせていただきますね。