ずっと座っているとでる腰痛

ずっと座っているとでる腰痛

長時間座っていることがある仕事をされている方は、このような症状が起きると仕事に支障をきたしてしまいます。

 

長時間座っていると腰に痛みがでる腰痛に対しての当院の考え方をお伝えしていきます。

 

当院では筋肉や関節、内臓に対してアプローチしていますが、長時間座っているとでる腰痛の原因は腰、股関節、骨盤などの関節に問題があります。

 

特に異常を起こしている部分は骨盤の後ろにある「仙腸関節」という部分です。

長時間座っていると腰に痛みがでる方はこの骨盤の後ろの関節がガチガチに固まっています。

 

この関節の固まりがきっかけで腰や股関節がさらに固まり、長時間座っていてドンドン痛みが強くなり、足のシビレ、痛みにもつながってしまいます。

 

この関節は本来歩いたりした時でも動いて血液が循環するのですが、座りっぱなしで固まると歩いている時もうまく動かなくなり、体全体が固くなってきます。

 

実際に長時間座ってると腰痛がでる方は、体が固くて首、肩コリも症状として訴えられます。

 

 

当院が行う施術

まず原因である骨盤の仙腸関節はもちろん調整していきますが、他に固まっている腰、股関節、そこについている筋肉に対して施術を行っていきます。

 

その後に仙腸関節の動きの調整もしていきます。仙腸関節や各関節が動くようになると、普段の歩行でも関節が動くようになり、血流の循環もよくなり、長時間座っていても固まったり痛みがでてくることがなくなります。

 

人によっては悪化しすぎて首の調整も必要な方もいます。

長時間座っているとでる腰痛は仕事に直接支障をきたすので、もし悩まれている場合は当院に1度ご相談ください。

 

 

症状のQ&A

Q仕事に支障がでます。痛みがでた時の対処はありますか?

A動くこと、座り方を意識してください。

まず大切なことは同じ姿勢で痛みがでているので、その姿勢自体がよくないです。定期的に椅子から立ち歩くこと、これで仙腸関節も少し動かせますので症状は軽減すると思います。

 

あとは座り方、長時間座っていると腰痛がでる人はかなり丸まっていたり、お尻ではなく腰で座っているなど座り方がかなり悪い方が多いです。

前かがみになるべくならないこと、背中にクッションなどを当てて座るとそれだけでも腰の負担は軽減しますよ。ぜひ試してみてください。