野球肘

他院では改善しなかった肘の痛みがなぜ?当院の無痛整体でずっとつらかった症状が緩和し、毎日が楽になるのか?

他院では改善しなかった肘の痛みがなぜ?当院の無痛整体でずっとつらかった症状が緩和し、毎日が楽になるのか?

※効果には個人差があり、全ての方に効果を保証するものではありません。

ゆたか整体院テレビ取材画像

  • 投球中に肘に痛みがでて練習できない
  • 肘が痛くてもう野球をやめなくてはいけないか不安
  • 悪化していって肘の手術をするのは避けたい
  • 安静にといわれたが練習を休みたくない

 

もし一つでも当てはまるなら当院がお役に立てるかもしれません

 

 

 

1人で悩まずにまずはお気軽にお電話ください。

電話番号

お電話の際に「ホームページを見ました」とおっしゃってください。

初見料の3000円を無料にさせていただきます。

※クーポンの適応は実費施術のみとなります

※他の特典とは併用はできません

お客様の声

調子の良い様態が続きます

お客様写真
アンケート用紙

体の奥にある「コリ」の原因を取り除いてくれるため、施術後の効果もバツグン!!普段は1週間で疲れが出るところでも2週間3週間と調子の良い様態が続きます。
そのせいか免疫力の向上にもつながり風邪も引きにくくなりました。

北郷正和 様  28才  男性  大阪市北区本庄東  会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

普段より健康運動を指導しています。

アンケート用紙

普段より健康運動を提供している私ではありますが、施術を受けてみて久々に「身体がほぐれること」の心地良さを感じました。

日々、疲れがたまって労ることが少なくなることも…その積み重ねが悪循環となってしまい身体も気持ちも滅入ってしまいます。

元気=心身の活動の源となる力、身体の調子がよく、健康であるためにも、

身体の「メンテナンス」不可欠です。

そこまで親身になってサポート下さる「ゆたか整体院」をお勧めします。

施術だけでなく疲れの原因、気をつけることなどもわかりやすくお話し下さいます。

是非一度、施術を受けてみませんか!身体も心も軽やかになりますよ。

匿名希望 トレーナー

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

不思議な施術ですが効果はバツグン

アンケート用紙

マッサージでもなく 指圧でもなく、不思議な施術です

が、効果はバツグン

施術を受けた人しかわからない施術方法

上手く説明できないのが残念です

不思議な施術をぜひ受けて体感して下さい。

谷野由美 様  41歳  女性  大阪市都島区  事務

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

野球肘について

野球肘とはなに?

野球(とくに投球動作の反復)によって肘関節に生じる疼痛性病態を野球肘と総称しています。

 

野球肘の原因は?

主な原因として、過剰な投球数などの肘の酷使による疲労が考えられます。特に、カーブなどの腕を捻りながら投げる変化球は肘への負担が大きく、野球肘になりやすいです。筋肉、腱、筋、靭帯、神経、骨が損傷し、痛み、痺れ、関節の変形や硬直や拘縮により、肘が曲がらない、伸ばせないという運動障害が起こります。関節内の骨がかけたり、軟骨が関節から剥離、壊死、欠損し、通称、関節ねずみと呼ばれる、離断性骨軟骨炎が起こり、関節内で関節遊離体がひっかかり、痛みや運動障害を発症します。重度になると骨が軽石のようにスカスカになってもろくなり、痛みと運動障害が発生して日常生活にも支障をきたします。

投球フォームに無理があることも考えられます。フォームの欠点は人それぞれですが、多くの場合、投球のリリースの際に上体が開いている(正面を向いてしまっている)ことにより、肘が体から遠くを通り、肘にかかる負担を大きくしていることによります。

 

障害部位から内側型、外側型、後方型に分類されます。

①内側型野球肘

投球動作では、肘にかかる外反ストレスによって上腕骨内側上カ(屈筋・回内筋の付着部)に牽引力がはたらく。

投球動作の反復により、肘内側側副靭帯損傷、上腕骨内側上カ裂離、上腕骨内側上カ下端剥離骨折などをまねく。

 

②外側型野球肘

投球動作では、肘にかかる外反ストレスによって腕橈関節外側に圧迫力や捻転力がはたらく。

投球動作の反復により、肘離断性骨軟骨炎、橈骨頭障害などをまねく。

 

③後方型野球肘

投球動作の反復によって生じる。肘頭骨端症(骨端線閉鎖前の若年者)、肘頭骨端線離開(骨端線閉鎖後の成人)など。

 

野球肘とはどんな症状がでるの?

内側型では明らかな肘内側の圧痛、腫張、投球時の肘痛、肘の可動域制限、時に小指側のしびれ感が出現します。外側型では肘外側の疼痛に加え、ロッキング症状を呈することがあります。後方型では肘後方の圧痛、投球時痛、ロッキング症状を呈します。

野球肘に対する西洋医学的な検査

臨床所見 X線検査 MRI検査

レントゲンでの骨変化を認めます。内側型では上腕骨内側上顆の骨肥厚、骨端線離開、回内筋部への骨遊離像を、外側型では上腕骨小頭や橈骨頭の骨変形、欠損、遊離骨片の存在を、後方型では尺骨肘頭の亀裂骨折、疲労骨折像を認めます。

野球肘に対する西洋医学的な対処法

保存療法 手術療法 

主原因であるオーバースローのピッチング動作の休止を徹底します。また、投球後のアイシングを徹底します。骨変化が認められる場合は、3ヵ月以上のスローイング動作の休止が必要です。遊離骨片によって肘がロッキングしている場合は、骨片摘出手術が必要となります。

 

予後

発症初期に投球動作を休止しないと骨変化をきたし、結果的に数ヵ月から数年の投球禁止を余儀なくされます。ただしバッティングは可能な場合があり、ポジション変更の検討を要します。成長期のため、骨端線を損傷する重症例では外反(外側型)、内反肘(内側型)変形をきたします。

 

野球肘に対する当院の考え方

野球肘は使いすぎといいますが、実際は同じことをしている人でも肘の痛みがでる人、でない人がおられます。それはなぜでしょうか?

 

当院が考える野球肘の原因は腕の骨がねじれているからだと考えています。

 

肘の関節は3つの骨で構成されます。

二の腕の骨(上腕骨)

肘から手首までの骨(橈骨、尺骨の2本)

 

この3つの骨が正常な位置からねじれることにより、筋肉も同じようにねじれます。

本来のねじれのない筋肉なら傷つきにくいのですが、ねじれが起こることにより本来の力が発揮されずに、負担がかかることをするとすぐに傷ついてしまいます。

 

ましてや野球の投球動作は全身のかなり強い力を指先に伝えます。

それが途中の関節がズレていたり、フォームが悪かったりすると、その全身のかなり強い力が肘にかかったり肩にかかったりします。

 

なので野球は故障で続けられなくなる人が多いのです。

 

正常な骨の位置、フォームにすることで本来の力がでて、痛みもひいていくし再発しにくい肘の状態にもっていけます。

 

ただこの肘がズレる理由も肘だけが原因ではありません。

 

肘の位置を決める肩甲骨、肋骨、首の骨、背中の骨、手首の骨

全てが連動して肘の位置や動作を決めています。

 

肘の痛みの原因は肘だけではありません。

 

もしあなたが野球肘や他の肘の痛みでお悩みなら1度当院にご相談ください。

 

 

本当に治したいならやってはいけない3つのこと

その1、施術院選びを間違えない

今現在施術院はコンビニよりも多いといわれています。

そんなたくさんの施術院がある中で

「どこにいけばいいかわからない・・・」

「どんなことされるんだろう・・・」

そんな不安を持っているのは当然だと思います。

 

実際、国家資格の整骨院や鍼灸院、民間の整体、マッサージ店なども含めると10万件は全国で存在しているといわれています。

特に大阪は全国でも人口に対しての施術院の数はトップです。

 

通う場所で技術はもちろん、価値観や考え方は全く違うものになります。

もしあなたがちゃんと体を見て欲しいのなら

・親身になってちゃんと話を聞いてくれるのか

・施術の効果はちゃんとでているのか、毎回流れ作業になっていないか

・身体の説明をしてくれるか

・予約を強要されたり毎日来い!など来させることが目的になっていないか

 

あなたがもし今どこかに通われているなら一度考えてみてください。

 

 

 

その2、自分で調べた情報で自己判断してしまう

今は便利な時代でネットを調べればたくさんの情報に溢れています。

その中には間違った情報がたくさんあります。

正しい情報でも全ての人に当てはまることはありません。

 

例えば

当院に来られる方も、テレビで見た運動で余計に痛くなりました。

ネットで自分の症状はもう手術しかないと書いてあって、もう治らないと思っていました。

こんな声もよく聞くことがあります。

 

実際体を見ると

テレビで見た運動はその人の体では余計に負担になる運動だった

ネットで見ていた症状は似ているけど違うものだった

そもそもその内容自体が間違っていた

 

こんなケースもよくあります。モチはモチ屋と昔からいいますが、自己判断するのでなく、一度専門家に相談してみることをおススメします。

 

 

その3、我慢する、いつも自分のことが最後になってしまう

症状がなかなか良くなっていかず、長期間もってる場合は、あまり痛いとか不調を訴えると、周りの人にサボってるだけ、気合が足りない、と周りの人に言われたりして言いづらくなっていませんか?

あなたがサボったり気合が足りなくて言っていないのを私たちはわかっています。今の辛い症状はあなたのせいではありません。

 

また当院に来られる方で、子供や親の介護、友人が優先になりいつも自分のことが最後になってしまう方がたくさん来られます。

 

優しいあなたはいつも自分を最後にしてしまいますが、あなたが倒れたら周りはどうなりますか?あなたが健康でいることが周りのためにもなります。

そのことを再認識してもう自分を最後にするのをやめませんか?

 

 

 

野球肘のQ&A

Q子供ではなく社会人になり野球をしているのですが、そんな場合でも大丈夫ですか?

A大丈夫です。

子どもの時の野球肘と大人になっての野球肘は多少の原因の違い(子どもの場合はやわらかすぎて痛めているとか、筋肉の未発達で関節の動きについていけていないなど)はありますが大きくは変わりません。

 

社会人の野球チームに所属されている方も施術にこられるので、安心してきてくださいね。

 

Qフォームなどのチェックはしてもらえますか?

A当院では動きの分析もしていますが、野球のフォームに特化しているわけではありません。

野球経験者もいますが、基本はその場で投球してもらい痛みが消失しているかの動作や動きで施術を進めていきますが、フォームの指導まではしていません。

 

しかし日常での動作や意識する点などは指導させていただいています。

 

 

あなたはいつまでお金を無駄にしますか?

ずっと変化がないまま通院をつづけた場合

整骨院

整骨院の場合

週2回で1年通った場合(3割負担の場合)

自己負担分1回約500円の場合は52週×2×500円=52000円

健康保険負担分 約12万円

 

整形外科もだいたい3割で1回500円程度するので同じ額です。

 

 

安い60分2980円のマッサージ店、ストレッチ店

マッサージの場合

週に1回1年通った場合

 

2980円×52週=154980円

 

 

※その場しのぎでこれだけの額がかかってきます

 

 

 

手術をした時(ヘルニアの場合)

手術の場合

85%の腰痛の原因は画像では判断できないといわれています。

 

病院や手術の方法にもよりますが、2週間入院(3割負担の場合)

 

自己負担分 15~30万円 健康保険負担分 35万~70万

 

入院期間は働くことができません

 

 

 

当院での通院の目安(集中治療期間)

軽い症状(約2週間~1ヶ月)

最初は4~5回詰めて通院その後は症状のきつさに合わせて頻度が変わります

 

重い症状(約1ヶ月~1ヶ月半)

最初は7~8回詰めて通院その後は症状のきつさに合わせて頻度が変わります

 

 

整形外科疾患(1ヶ月半~2ヶ月)

最初は10~12回詰めて通院その後は症状のきつさに合わせて頻度が変わります

 

 

※あくまで目安なので実際にお体をみさせていただいたり経過をみながら変化します。

 

 

一人で悩まず1度ご相談ください。

電話番号

初見はお一人お一人今の辛い状況のお話を聞いたり、体の検査、説明にもしっかり時間をかけていますので本来なら初見料3000円を頂いているのですが、ホームページをご覧の方は初見料を無料にさせていただいています。

 

電話で「ホームページを見たんですが」とおっしゃってください。

 

 

 

 

追伸

痛み、不調は体からの警告です。

 

当院に来られる方の中で、

「もうこの症状とずっと付き合うのかと思っていた。」

「もっと早く出会えてればよかった」

「これで我慢してた旅行にいけます!」

 

などの声を頂くことがあります。

そのたびにこの仕事を本気でやっていてよかったな~と思います。

 

寝たきりも、辛くてどうしようもない症状も最初は少しの違和感や不調から起こってきます。

体の不調は

「今ちょっとおかしい状態だからなんとかしてね」

という体からのアラーム、警告です。

 

早く対処すればするほど早くよくなる可能性があります。

 

人生の時間は有限です。

 

その限られた時間の中で

・痛くて外出もしたくない

・痛みで朝起きるのが怖い

・大好きだった趣味ができない

という苦しい時間ではなく、

 

・今度ここに旅行いって楽しみたい

・今までセーブしていた仕事を頑張りたい

・運動不足だし体を動かして気持ちよくなりたい

 

など充実した時間、楽しい時間にするお手伝いができればと思います。

 

もし今痛みや辛さに不安があるのなら1度ご連絡ください。

私たちが誠意をもって担当させていただきます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加