オーバーユース症候群

他院では改善しなかったオーバーユース症候群がなぜ?当院の無痛整体でずっとつらかった症状が緩和し、毎日が楽になるのか?

他院では改善しなかったオーバーユース症候群がなぜ?当院の無痛整体でずっとつらかった症状が緩和し、毎日が楽になるのか?

ゆたか整体院テレビ取材画像

  • スポーツで同じ動作が多く肩、肘、腰に痛がでる
  • デスクワークで手を使うことが多く、指、手首が痛い
  • 仕事でパソコンをずっと使うため肩コリ、首コリが辛い
  • 整形では安静にしてくださいというだけで安静にできないので困っている

 

もし一つでも当てはまるなら当院がお役に立てるかもしれません

 

 

1人で悩まずにまずはお気軽にお電話ください。

電話番号

お電話の際に「ホームページを見ました」とおっしゃってください。

初見料の3000円を無料にさせていただきます。

※クーポンの適応は実費施術のみとなります

※他の特典とは併用はできません

お客様の声

今では肩のことを気にせずに野球ができています。

アンケート用紙

キャッチボールをやっていると急に肩が痛みだし、その痛みは1週間ほど続いていました。

野球をやるのは月に1度程のペースだったので、だましだましやっていましたが、

ついに痛みが背中まで広がってきたので、施術を受けることにしました。

松井先生にいきさつを説明すると、痛みの根源をピンポイントで見つけてくださり

初回の施術だけでもかなり楽になりました。

また、こちらのペースに合わせて施術を進めてくださり、日常生活も

今では肩のことを気にせず野球ができています。

永谷吉祥様 30歳 男性 大阪市都島区 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

普段より健康運動を指導しています。

アンケート用紙

普段より健康運動を提供している私ではありますが、治療を受けてみて久々に「身体がほぐれること」の心地良さを感じました。

日々、疲れがたまって労ることが少なくなることも…その積み重ねが悪循環となってしまい身体も気持ちも滅入ってしまいます。

元気=心身の活動の源となる力、身体の調子がよく、健康であるためにも、

身体の「メンテナンス」不可欠です。

そこまで親身になってサポート下さる「ゆたか鍼灸マッサージ院」をお勧めします。

治療だけでなく疲れの原因、気をつけることなどもわかりやすくお話し下さいます。

是非一度、治療を受けてみませんか!身体も心も軽やかになりますよ。

匿名希望 トレーナー

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

もっと早くゆたか整体院にくればよかった

アンケート用紙

最初は娘の猫座、O脚を治してもらいに来てたのですが

私も腰、股関節が痛くなり夜もつらくて寝れなかったので

岡田先生に施術をうけて、びっくりするぐらい体が楽になり、受けたその日から

夜中に起きることもなく、寝れる様になりすごくうれしかったです。

それからは昔に首を痛めた肩など施術を受けてますが、来るたびに

体が良くなって行くのがわかります。

もっと早くゆたか整体院に来れば良かったと思っています。

これからも末長く施術を続けたいと思います。

匿名希望  都島区

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

紹介した人も腰痛が治りました。

アンケート用紙

腰痛がひどくて治療を受けました。そして…治りました。

岡田先生をT様に紹介したところ…T様も腰痛が治りました。

すばらしい!!今は月に1回の体のメンテナンスとして施術を受けていますが、

体の調子が良いです。

自分の体を任せることが出来る「安心感」を与えてくれる所が他にはない良さだと感じています。

身体が資本。安心して日常的な体のメンテを行うならココでしょ

K.U 様  28才  男性  大阪市西区

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

アスリートやスキルアップしたいスポーツ選手の方にもオススメ

アンケート用紙

日常生活を快適に過ごすこと

いつまでも健康で自分の足で歩き続けられることを大きな目標にして

日々運動をしています。松井先生の治療は痛みや張りのある部分だけにアプローチするのではなく、その原因となっている部分にもアプローチして下さるので

自分の体のクセに気がついたり、それを正しい使い方に修正して行くことに努力できるので非常にありがたいです。

アスリートやスキルアップしたいスポーツ選手の方にもオススメです!!

松井先生に出会って、私のスキルも少しアップできました。

これからもよろしくお願い致します。

satoco 38歳 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

痛みのない生活に戻れました!!

アンケート用紙

痛みのない生活に戻れました!!

ゆたか整体院との出会いは偶然。普段は通らない道を自転車で走っている時に看板を見かけたことに始まりました。

そのころの私は夕方になると腰を伸ばして歩くことができないほどの腰痛に苦しんでいました。『このまま一生この痛みや靴下をはくのにも苦労する不自由さを抱えて生きていくのか…』と暗い気持ちで一杯でした。

1回目の施術の帰りに靴がすっと履けたときの驚き。今では痛みを感じることのない日々を送っています。偶然の出会いを今では運命だったと思い感謝しています。

勝山るり子 様  55歳  女性  大阪市都島区  公務員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

首、肩のコリがほぼ解消し、手のシビレがなくなりました。

アンケート用紙

5~6年前から肩こりと首こりに悩まされておりました。

最初は読書を続けると首が回らなくなったり、自転車に乗ると手がしびれるといった症状が出てきて困っておりました。

本院で3~4回施術していただいたところ、首、肩のこりがほぼ解消し、手のしびれもなくなりました。

身体のもつ自然治癒力を生かすという施術方針には納得させられた次第です。

身体に無理がかからない整体施術なので、安心して施術が受けられます。

56歳 男性 大阪市都島区友渕町 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

施術が始まってから痛み止め薬を飲んでいません

アンケート用紙

転倒したことより右膝の下部分骨折に近いヒビ

前後靭帯損傷と病院で診断され、痛み止め薬、シップを渡されました。

その後、立つことも座ることも激痛で長時間は無理になり

ひとつひとつの動作に10分位かかっていました。

そんな時、娘のお友達のご紹介で松井先生にお世話になり始めました。

先生の施術により、一回目より足取り軽く帰宅。

そのあと、数回の施術で座ることも立つことも何も持たないで出来ていることやそしてこれまでの痛みが消えていることに驚いています。

もちろん先生の施術が始まってから痛み止め薬飲んでいません。

ほんとうに優しいです。

松井先生ありがとうございます。

 

C.H 様  56才  女性  大阪市城東区鴨野西  主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

今まで探していたところに出会えた!

アンケート用紙

肩こり、腰痛、腱鞘炎、身体中に具合の悪い箇所があり、今まで色々な施術(カイロ、整体院、鍼など)を試してきましたがなかなか継続して通院できませんでした。

しかしこちらでは受付の方や先生の笑顔に迎えられ、毎回きちんとカウンセリング、そしてどこをどのようにアプローチしてくださるかを伝えてくれるので気に入っています。

又、自分で出来るストレッチも教えて下さり、今まで探していたところに出会えた!と感じております。

匿名希望 女性 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

完治を諦めた人も是非1度先生からパワーを注入してもらって下さい。

アンケート用紙

10年ぐらい前から肩こり、腰痛がひどく整体やマッサージ店を点々と渡り歩いていました。
整体→体をボキボキ鳴らされるのが下手
マッサージ→その時限りで持続性がない
このまま一生痛みと付き合い続けるのだろうと諦めていた時に
“痛くない整体”という言葉が気になって半信半疑で来店しました。
ゆたか整体の施術は“先生が気功でパワーを送っている??”と思うほど
ただ肩や腰に手を添えているだけ…という不思議な施術です。
私の場合は左右の歪みが全ての原因だったのですが3回程通院したら
快適な生活を送っています。
私のように完治を諦めた人も是非1度先生からパワーを注中してもらって下さい。

37才 女性 大阪市 メーカーショールーム勤務

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

オーバーユース症候群について

オーバーユース症候群とはなに?

オーバーユース症候群とは、使い過ぎによって筋肉をはじめとした運動器が炎症や痛みを生じることです。

筋肉のほかにも腱や靭帯などの炎症や損傷が考えられます。多くの場合は、過剰なスポーツ活動やトレーニングによっておこると考えられています。

安静にしておけば自然に治癒するものもあれば、重症の場合は手術などが必要になるケースもあります。

 

 

オーバーユース症候群の原因は?

①過度な運動を過度なペースで行う

②間違ったフォームでのトレーニング

③休養・休息不足

④栄養の不足

他には

・筋力や筋持久力が足りていない

・体幹の安定性が低い・筋肉のバランスが悪い

・姿勢が悪い

・トレーニングに使用している器具が合っていない

など

 

スポーツ以外にもデスクワークで手を使う仕事や、同じ姿勢が続く方たちもオーバーユース症候群になっています。

 

同じ動作ばかり仕事でする

同じ姿勢でずっと座っている(姿勢が悪いまま)

指ばかり使い腱鞘炎になった

など

 

これらもオーバーユースの一種です。

 

 

オーバーユース症候群はどんな症状がでるの?

オーバーユース症候群の主な症状としては、ぶつけた覚えはないのに、痛みがひどくなっていくことが挙げられます。

また、体重をかけたり、動作開始時にだけで痛む場合もあります。

 

痛みを感じる部分が熱を持ち、腫れや赤みが見られることがあり、指で押すと、患部が痛みます。悪化すると、活動中にも痛みを感じ、さらに進行すると、スポーツをするのが苦痛になるほど痛んできます。

 

代表的な疾患

・疲労骨折・野球肘・テニス肘・腰椎分離症・ジャンパー膝

・シンスプリント・アキレス腱(周囲)炎 など

 

オーバーユースは要は使いすぎなので、肩コリや腰痛などもこれらに入ります。

 

 

オーバーユース症候群に対する西洋医学的な検査

一般的に該当部位に痛みが伴うため触診・問診により容易に判定する事が出来ますが、レントゲンやMRIでは症状が確認出来ない場合も少なからずあります。

 

 

オーバーユース症候群に対する西洋医学的な対処

基本的に指示的精神療法を用います。軽症であれば、それに加えてトレーニングを中止して休息をとります。それ以上の治療を必要とする場合は、精神面が関わっていることがあるのでセロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)を使うこともあります。

また、睡眠剤(ロヒプノールなどの半減期が長いもの)を併用することもあります。

 

 

オーバーユース症候群に対する当院の考え方

オーバーユーズ症候群は使いすぎでなるものです。

ではなぜそこが痛くなるのかを考えないといけません。

 

周りを見ればあなたと同じ競技、同じ仕事をしている人も痛みがある人とない人がいるはずです。痛みがでるにはちゃんとした理由があるのです。

 

肩が痛くてもそれは背中が丸まり、肩甲骨の動きが正常でなくなっているからかもしれません。

指が痛くても肘の骨が歪んで、その歪みに合わせて筋肉が歪み、筋肉を損傷しやすくなっているかもしれません。

腰が痛くても下半身に力を入れていなくて腰だけに力が入り体を支えているのかもしれません。

 

肩が痛くても肩だけが悪いわけではありません。

指が痛くても指だけが悪いわけではありません。

腰が痛くても腰だけが悪いわけではありません。

 

体は全身を使って動きます。それがうまく連動していれば一箇所に負担が集中することはないのです。

 

当院では全身のバランス、歪み、内蔵の負担などトータルで体の状態を確認していきます。

 

オーバーユーズ症候群の症状がでていても、安静にしていなくてもいい人はいます。

施術で骨格を戻しただけでその場で痛みが取れる方もたくさんいます。

 

もしあなたが今、オーバーユーズで困られているのなら1度当院にご相談ください。

 

 

あなたがいくら痛み・辛さを訴えても、医師が真剣に聞いてくれない3つの秘密

秘密①西洋医学は検査で見えるものだけで判断するから

例えば腰が悪ければレントゲンやMRIをとり、その画像検査でなにもなければ「異常なし」という判断になってしまいます。

しかし体が歪んだりして腰が悪い状態になり、その状態が何年も続くことで骨が耐えられなくなり結果的に変形してしまう。そうならないと画像検査や血液検査には異常が写らないのです。

つまり

西洋医学の検査はかなり悪化した状態にならないと写らない。

 

そして医師は基本検査で異常がなければ問題なしということになります。

 

秘密②専門分野に分かれているが体全体は診ないから

 

西洋医学では専門分野に分かれています。

それは専門分野に特化するのでいいのですが、欠点もあります。

悪くなった臓器や箇所を見ることは得意ですが、全体をみていないのでわからない部分ができてしまう。

 

しかし全体をみたり実際に体の捻れ、お腹の硬さ、動きの硬さをみないと慢性症状の原因はわからないことが多いだから

「この症状は内科かも知れないから・・・」

「これは整形外科にいってみてください・・・」

などわからないから色んな科をたらい回しにされるケースがでてきてしまうのです。

 

秘密③西洋医学は命に関わることが優先して発達しているから

 

脳梗塞、ガン、心臓疾患、腎不全など、西洋医学は命に関わる重篤な疾患や手術が必要な疾患を中心に研究や勉強が進んでいます。

 

慢性症状のように辛いですが、手術や入院の必要のないものはそこまで重視されていないのではないかと思います。

 

だからほとんどのところで経過観察、痛み止めや注射、シップなどで終わってしまいます。

 

本当に治したいならやってはいけない3つのこと

その1、施術院選びを間違えない

今現在施術院はコンビニよりも多いといわれています。

そんなたくさんの施術院がある中で

「どこにいけばいいかわからない・・・」

「どんなことされるんだろう・・・」

そんな不安を持っているのは当然だと思います。

 

実際、国家資格の整骨院や鍼灸院、民間の整体、マッサージ店なども含めると10万件は全国で存在しているといわれています。

特に大阪は全国でも人口に対しての施術院の数はトップです。

 

通う場所で技術はもちろん、価値観や考え方は全く違うものになります。

もしあなたがちゃんと体を見て欲しいのなら

・親身になってちゃんと話を聞いてくれるのか

・施術の効果はちゃんとでているのか、毎回流れ作業になっていないか

・身体の説明をしてくれるか

・予約を強要されたり毎日来い!など来させることが目的になっていないか

 

あなたがもし今どこかに通われているなら一度考えてみてください。

 

 

 

その2、自分で調べた情報で自己判断してしまう

今は便利な時代でネットを調べればたくさんの情報に溢れています。

その中には間違った情報がたくさんあります。

正しい情報でも全ての人に当てはまることはありません。

 

例えば

当院に来られる方も、テレビで見た運動で余計に痛くなりました。

ネットで自分の症状はもう手術しかないと書いてあって、もう治らないと思っていました。

こんな声もよく聞くことがあります。

 

実際体を見ると

テレビで見た運動はその人の体では余計に負担になる運動だった

ネットで見ていた症状は似ているけど違うものだった

そもそもその内容自体が間違っていた

 

こんなケースもよくあります。モチはモチ屋と昔からいいますが、自己判断するのでなく、一度専門家に相談してみることをおススメします。

 

 

その3、我慢する、いつも自分のことが最後になってしまう

症状がなかなか良くなっていかず、長期間もってる場合は、あまり痛いとか不調を訴えると、周りの人にサボってるだけ、気合が足りない、と周りの人に言われたりして言いづらくなっていませんか?

あなたがサボったり気合が足りなくて言っていないのを私たちはわかっています。今の辛い症状はあなたのせいではありません。

 

また当院に来られる方で、子供や親の介護、友人が優先になりいつも自分のことが最後になってしまう方がたくさん来られます。

 

優しいあなたはいつも自分を最後にしてしまいますが、あなたが倒れたら周りはどうなりますか?あなたが健康でいることが周りのためにもなります。

そのことを再認識してもう自分を最後にするのをやめませんか?

 

 

 

オーバーユース症候群のQ&A

Q病院にいくと安静にしてくださいといわれます。でも練習は休みたくありません。それでも見てもらえますか?

A大丈夫です!

症状の進行度合いにもよりますが、施術してその場で痛みが取れてしまう場合はそのまま運動しても大丈夫です。

オーバーユーズだから安静!ではなく、練習を続けられるように一気に練習を全てするというより、少しづつ様子をみながら復帰したり、ご自身のケア方法もお教えしますので、それを実践しながら経過をみて判断していきます。

 

Qオーバーユーズということはまた同じ症状がでるのですか?

Aでやすいです。

特にスポーツ、仕事で同じ動作、姿勢が多いとでやすいですが、またでないように施術の時に体のクセはこうなっているのでここを気をつけてください。など、日頃気をつける点もお伝えしていきますので、再発はさらに防げると思います。

 

あなたはいつまでお金を無駄にしますか?

ずっと変化がないまま通院をつづけた場合

整骨院

整骨院の場合

週2回で1年通った場合(3割負担の場合)

自己負担分1回約500円の場合は52週×2×500円=52000円

健康保険負担分 約12万円

 

整形外科もだいたい3割で1回500円程度するので同じ額です。

 

 

安い60分2980円のマッサージ店、ストレッチ店

マッサージの場合

週に1回1年通った場合

 

2980円×52週=154980円

 

 

※その場しのぎでこれだけの額がかかってきます

 

 

 

手術をした時(ヘルニアの場合)

手術の場合

85%の腰痛の原因は画像では判断できないといわれています。

 

病院や手術の方法にもよりますが、2週間入院(3割負担の場合)

 

自己負担分 15~30万円 健康保険負担分 35万~70万

 

入院期間は働くことができません

 

 

 

当院での通院の目安(集中治療期間)

軽い症状(約2週間~1ヶ月)

最初は4~5回詰めて通院その後は症状のきつさに合わせて頻度が変わります

 

重い症状(約1ヶ月~1ヶ月半)

最初は7~8回詰めて通院その後は症状のきつさに合わせて頻度が変わります

 

 

整形外科疾患(1ヶ月半~2ヶ月)

最初は10~12回詰めて通院その後は症状のきつさに合わせて頻度が変わります

 

 

※あくまで目安なので実際にお体をみさせていただいたり経過をみながら変化します。

 

 

一人で悩まず1度ご相談ください。

電話番号

初見はお一人お一人今の辛い状況のお話を聞いたり、体の検査、説明にもしっかり時間をかけていますので本来なら初見料3000円を頂いているのですが、ホームページをご覧の方は初見料を無料にさせていただいています。

 

電話で「ホームページを見たんですが」とおっしゃってください。

 

 

 

 

追伸

痛み、不調は体からの警告です。

 

当院に来られる方の中で、

「もうこの症状とずっと付き合うのかと思っていた。」

「もっと早く出会えてればよかった」

「これで我慢してた旅行にいけます!」

 

などの声を頂くことがあります。

そのたびにこの仕事を本気でやっていてよかったな~と思います。

 

寝たきりも、辛くてどうしようもない症状も最初は少しの違和感や不調から起こってきます。

体の不調は

「今ちょっとおかしい状態だからなんとかしてね」

という体からのアラーム、警告です。

 

早く対処すればするほど早くよくなる可能性があります。

 

人生の時間は有限です。

 

その限られた時間の中で

・痛くて外出もしたくない

・痛みで朝起きるのが怖い

・大好きだった趣味ができない

という苦しい時間ではなく、

 

・今度ここに旅行いって楽しみたい

・今までセーブしていた仕事を頑張りたい

・運動不足だし体を動かして気持ちよくなりたい

 

など充実した時間、楽しい時間にするお手伝いができればと思います。

 

もし今痛みや辛さに不安があるのなら1度ご連絡ください。

私たちが誠意をもって担当させていただきます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加