ジャンパーズニー

他院では改善しなかった膝の痛みがなぜ?当院の無痛整体でずっとつらかった症状が緩和し、毎日が楽になるのか?

他院では改善しなかった膝の痛みがなぜ?当院の無痛整体でずっとつらかった症状が緩和し、毎日が楽になるのか?

ゆたか整体院テレビ取材画像

  • 運動のためにジョギングしだしたのに膝に痛みがでて走れない
  • ランニングの練習量が増えて膝に痛みが出だした
  • バスケ、バレーをしていてジャンプする時に痛む
  • 階段や歩いている時にも膝に痛みを感じる

 

 

 

 

膝の痛みもなくなってきて毎日の生活が楽しく過ごせるように

アンケート用紙

2ヶ月ほど前から膝の痛みがあって階段の昇り降りが出来なかったのですが、

ゆたか整体院に通うようになって四回目位から膝の痛みもなくなってきて、

とても毎日の生活が楽しく過ごせるように喜んでいます。

 

ありがとうございました。

 

 

 

津田みさ子 様  65才  女性  大阪市都島区

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

めまいが軽減し腰や膝、足首の痛みが緩和され日常生活が楽になりました。

アンケート用紙

妊娠中、首を寝違えてから首が痛くて回らなくなり、めまいにも悩まされるようになりました。出産後は良くなるだろうと思っていましたが、さらに腰痛や膝の痛み、足首の痛みが出て体がボロボロになっていました。

産後の骨盤矯正に通ったりもしましたが、一時的によくなるものの次の日

には痛みが戻ったり首の痛みに軽くマッサージしてもらえるだけで全く改善

されませんでした。めまいも病院に行っても授乳中で薬ももらえず、困っていました。

そんな時、ホームページでこちらの整体院を見つけ伺ったところ、丁寧に話を聞いてもらえ

気になる症状がたくさんあるにもかかわらず、すべての施術していただけました。

先生が少し触れるだけで、骨が自然に動くのでとても不思議ですが、めまいが軽減し腰や膝、足首の痛みが緩和され日常生活が楽になりました。

引き続きお世話になりたいと思います。本当にありがとうございました。

30歳 女性 大阪市都島区 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

LINE

ジャンパーズニーとはなに?

ジャンパーズニーとは、スポーツなどで膝に大きな負荷がかかることで膝蓋腱が損傷し、炎症を起こしたもので、いわゆるオーバーユーズ症候群(使いすぎ)により起こります。

 

またジャンパーズニーはジャンパー膝、膝蓋腱炎などとも呼ばれます。

大抵の場合、損傷は軽度で、小さな断裂が見られる程度ですが、重症になると腱が完全に切れてしまう「膝蓋腱断裂」が生じることもあります。

 

 

ジャンパーズニーの原因は?

1スポーツによるもの

ジャンプをする時、まず膝を曲げてジャンプの準備をする。このとき太ももの表側の筋肉が収縮し、膝蓋腱(お皿の下)が引っぱられます。

 

ジャンプの瞬間は膝関節が伸び、膝蓋腱は元の長さに戻り、そして着地の瞬間に膝が曲がるため再び膝蓋腱は引っぱられてしまいます。

このように強い力で引っぱられたり伸ばされることが繰り返されると、膝蓋腱に小さな断裂などの損傷が生じて炎症を起こしてしまいます。

 

つまり、体重などの大きな負荷を伴う膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで生じやすくなります。

またランニングで発生するのは、ジャンプと着地を繰り返しているためと考えられています。

 

2スポーツ以外のもの

スポーツ以外でも、交通事故などによる衝撃で損傷したり、糖尿病や関節リウマチなど全身性疾患における症状のひとつとして発生することもあります。

 

 

■ジャンパーズニーは、膝の使いすぎ(オーバーユース)によって起きるスポーツ障害の一つです。

 

その名のとおり、ジャンプをする跳躍競技や、ボールを蹴るようなキック動作、ダッシュを頻繁に行うスポーツに多く発生する。

 

また、練習やトレーニングでランニングを多く行う競技での発症が多いこともわかってきています。

ジャンプやランニングはスポーツの基本的な動きなので、それだけ多くのスポーツで起こり、発症する人の数も多い障害といえ、10~20歳くらいの年齢によく見られ、特に骨の成長が一段落する高校生以降の男子、背の高い人などに多く見られます。

 

これは成長期において骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、筋肉は硬く、腱も伸ばされた状態になり、膝の柔軟性が落ちて衝撃の吸収力が低下するためであるといわれています。

 

<発症しやすいスポーツ>

サッカー、バレーボール、バスケットボール、陸上競技、バドミントン、スキー、スケートなど

 

 

ジャンパーズニーの症状

ジャンパーズニーになると、多くの場合、膝蓋腱のある箇所、つまり膝蓋骨(ひざの皿)のすぐ下あたりに痛みと腫れが見られます。

 

初期は膝蓋骨の下に違和感を感じる程度であるが、徐々に走ったりジャンプした時に痛みを

感じるようになります。この頃は運動中や運動後しか痛みは見られません。

 

炎症が悪化して慢性化してくると、膝が腫れてきてちょっと歩いたりさわっただけでも痛みを感じ、何もしない安静時でもズキズキとした痛みが生じるようになります。

膝蓋腱は膝蓋骨の下端に付着しているため、腱への負担が骨にも伝わり、膝蓋骨の下端がはがれる「剥離骨折」が同時に起こることもあります。

 

 

ジャンパーズニーの西洋医学的な検査

膝蓋骨(膝の皿)の下を押した時に痛みがないかを調べます。

そのほか、X線撮影(レントゲン検査)で膝蓋腱の傷み具合や膝蓋骨のズレの有無を確認します。

膝蓋骨が上の方にずれていたり、膝蓋骨の下端に薄い剥離骨折が見られることもあります。

より精密な検査を行う場合は、MRI検査や超音波検査(エコー検査)が採用されます。

 

 

ジャンパーズニーの西洋医学的な対処法

痛みの程度や膝蓋腱の損傷の度合いに応じて様々な対処法が採られます。

軽度であれば、安静を保ちながら膝を冷やすアイシングを行い、炎症が治まるのを待ちます。膝が伸びた状態でテーピングやサポーターで患部を固定する装具療法も併用することで痛みを軽減できます。

痛みが強い場合は、これらに加えて炎症や痛みを抑える消炎鎮痛剤を使う薬物療法も行われます。

症状が和らいできたら膝関節のストレッチングや膝周辺の筋力トレーニングを行い、筋肉の柔軟性と筋力アップを図ります。

腱が完全に切れる「膝蓋腱断裂」が起きた場合は、腱を縫合する手術をしていきます。

 

 

ジャンパーズニーに対する当院の考え方

ジャンパーズニーは膝蓋腱(お皿の下)に大きな負荷がかかって起こります。

しかし、同じ競技で同じ練習をしているチームメンバーや他の人に起こらないのはなぜでしょうか?

 

これは体の使い方にあると考えています。

膝の動きが捻れてしまう体の使い方になってしまっています。

 

膝の動きが正常に動くには足首、股関節、骨盤、首などが整っていないと実はできないのです。

膝の動きでも全身が膝の動きに関係します。

 

特に関係が深いのは股関節と足首です。この2箇所の関節の位置や動きがズレていると連動して膝の位置、動きもズレてしまい、膝蓋腱にも捻じれがある弱い状態で負荷を受けてしまうので、損傷して断裂してしまうと考えています。

 

断裂や炎症がきつく起こってしまっている方に関しては1度病院で見てもらい、手術の適応かの相談をしたり、炎症止めをもらったりして対処してもらわないといけません。

 

他のケースでは体の捻じれを取ったり、筋肉の深い部分の施術を行うことで痛みを軽減し再発を防ぐこともできます。

 

その後の生活の仕方や動き方も合わせてご説明していきます。

 

 

もしあなたが今ジャンパーズニーに困られているなら、1度当院にご相談ください。

 

 

本当に感謝しています

アンケート用紙

長い間、首痛、ひざ痛に悩まされていました。

症状がでた時は整形外科に通い、電気等を受けてきました。今回の症状はいつもと違い2か月通院しましたが、まったく改善されずどうしたものかと悩んでいた所、友人にこちらのゆたか先生を紹介していただきました。整体院へは行ったことがなく正直少し不安でしたが(…すみません)思いきって行ってみました。初診では話をよく聞いていただいて理解していただき「治りますよ、一緒に頑張りましょう!」と言っていただいた時は気持ちが楽になり、心の不安がとれたことよく覚えています。

回数を重ねる度に症状も緩和され、本当に感謝しています。

松井先生は話やすくいつも優しく親切に対応していただきありがとうございます。

一度治療を受けると良さが分かります!!

45歳 女性 柏原市 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

施術が始まってから痛み止め薬を飲んでいません

アンケート用紙

転倒したことより右膝の下部分骨折に近いヒビ

前後靭帯損傷と病院で診断され、痛み止め薬、シップを渡されました。

その後、立つことも座ることも激痛で長時間は無理になり

ひとつひとつの動作に10分位かかっていました。

そんな時、娘のお友達のご紹介で松井先生にお世話になり始めました。

先生の施術により、一回目より足取り軽く帰宅。

そのあと、数回の施術で座ることも立つことも何も持たないで出来ていることやそしてこれまでの痛みが消えていることに驚いています。

もちろん先生の施術が始まってから痛み止め薬飲んでいません。

ほんとうに優しいです。

松井先生ありがとうございます。

 

C.H 様  56才  女性  大阪市城東区鴨野西  主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

体の歪みを起こす3種類の疲労とは?

3種類の疲労全てで体の歪みが起こります

体の歪みが起こるとどうなるの?

体の歪みをほうっておくとどうなるの?

痛み・コリ・シビレはアラーム

痛み、コリ、シビレ

「今の状態はおかしいのでなんとかしてください!」

という身体のアラームです。

 

その信号を

・湿布

・注射

・痛み止め

・症状のあるところをマッサージや電気

と長年ごまかしながら無視することで、

構造上の変化(関節の変形や組織の異常)につながってしまいます。

 

しかし、その原因となる身体の歪みには様々な原因が考えられます

生活環境、内臓の疲れ、姿勢、ストレス、身体のクセ、etc

 

そこでゆたか整体院では

 

・初回の長いカウンセリング(生活環境、習慣、各部位のズレなど確認)

・無痛整体(数センチのズレを修正)

・必要であればカウンセリングで導いた原因に対して的確なアドバイス

このようなことを行っています。

 

だから

他の病院では改善しなかった頑固な痛み・コリも

根本原因が分かり再発も防ぐことができるのです。

 

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません

LINE

ゆたか整体院の特徴

どこにいけばいいかわからず

痛み・コリに不安を持ち我慢し続けた方へ

大丈夫です!安心してください。

同じような方々が

ゆたか整体院を選ぶ

当院がこだわったつの理由

理由そのTVでも取り上げられた優しい安心の無痛整体

他の整体院や整骨院では「バキバキする施術」をしたり

ただ「ギューッ」と痛いところを押すなど

強引な施術で怖い思いをした!

その時気持ちよくてもすぐに元に戻る!

そんな経験はありませんか?

   

ただ強く押したりやみくもにバキバキする。

その施術、余計に筋肉を壊している可能性があります。

当院では触れる程度の体に優しい刺激で歪みを整えるので、

痛くない安心の整体なのです。

この独自の無痛整体で

たくさんの方に喜ばれ

TVでも取材されました。

ポイント1 独自の無痛整体は社内でもしっかり研修しています

毎週水曜日に技術の研修を行い、常にスタッフも技術力を高める努力をしています。施術に入るためにはテストもあり、受かった術者しか施術に入れません

ポイント2 独自の無痛整体は常にアップデートされています

オーナー自身も今も常に勉強しており、社外に最低月2回勉強に行っており、技術をアップデートしています。技術は日々進化しています。

  • 院内勉強会
  • 外部勉強会

理由その原因の説明をとことん分かりやすく

私たちは原因が分からないと再発は防げない考えています。

3種類の疲労

この事実を初めて知る方が多く、混乱してしまうので

 

目で納得

聞いて納得

体感して納得

して頂けるように説明や施術を心がけています。

本当の原因があなた自身理解できれば私たちの

アドバイスやケア、予防も的確に行うことができます。

本当の原因をあなたが理解することが、

その辛い症状の改善、再発予防の近道になります。

理由その完全個室でゆったり整体を受けられる

よく整体や整骨院に行くと隣の人と目が合いそうになったり

ぶつかりそうになったり、バタバタしていて

集中して整体を受けられなかったことはありませんか?

実は、集中できていないのはあなただけではありません。

  

その状況は先生も整体に集中できていないことをご存知ですか?

私は以前整骨院で勤務していたことがあります。

周りのバタバタ感で整体に全く集中できなかった!

他の先生に聞いても同じ意見でした。

   

ちゃんとお互いに集中して質の高い整体を体感してもらいたい!

その想いで当院は完全個室にしました。

個室

 

ぜひ完全個室で

質の高い整体を

体感してください。

理由その女性施術者勤務

生理痛やPMS,産後の骨盤矯正など気になるけど、男の先生は・・・

女性の施術者が在籍しておりますので安心してご利用ください。

ご予約時に『女性の先生でお願いします』とお伝えください。

岡田 郁

 

女性特有の悩みに強い

女性施術者がいるので

何でも相談できる

理由その手書きによる患者さまの声100件以上(現在も更新中)

口コミサイトに不正が多いのをご存知ですか?

   

当院では一切不正ができない手書きの体験の声にこだわり

たくさんの患者さまから手書きの声を頂きました。

   

ネットに掲載されるのが恥ずかしいという方もいらっしゃいますので、

実際にもらった声の数は200件以上です。

   

現在も更新中なので、是非あなたと同じ症状の方の声を

探してみてください。

患者さまの声のページへはこちらをクリックしてください。

そんなつの理由でご紹介により

遠方からもたくさんご来院頂いております。

一部例

大阪市 北区・都島区・旭区・中央区・鶴見区・城東区・淀川区

市外  東大阪市・守口市・門真市・豊中市・吹田市・池田市・高槻市・堺市

兵庫県 伊丹市・尼崎市・川西市

滋賀県 奈良県 京都府 神奈川県 東京都 千葉県 カナダ ハワイ など

総院長あいさつ

はじめまして!「ゆたか整体院」総院長の松井です。

 

私は10年間で月最高350人、延べ約3万人の方々に施術をしてまいりました。

 

その経験で衝撃を受けた出来事があります。

 

その一人のクライアント様は20代の女性でしたが、お会いした時には杖をついて歩いて来られました。

 

話を聞くと1年前から腰痛がひどくなり、整形外科でマッサージや電気などをされていたようなのですが、全く改善せず20代でコルセットを巻いて杖を持つというところまで悪化してしまったのだそうです。

 

腰痛の施術をした後に動きを確認してもらった際、動きやすさに驚かれてその直後に、

 

「一生このままだと思った」

 

と涙ながらに今まで不安だったことを話してくれました。

私はこの一言に衝撃を受けました。

私は今まで施術するときは

「どうすればこの辛い症状がよくなるのか?」

ということばかりただただ一生懸命考えていました。

 

この人が腰痛で、

これまでどれだけ不安だったのか?

どれだけ苦しんできたのか?

それを理解せずに今まで施術していたことが恥ずかしくなりました。

 

その後、この方は施術を重ねるうちに改善し、

いまでは腰痛に悩むことなく日常生活を送られています。

 

この体験から、症状の奥に潜む悩みや不安も

一緒に和らげられるように毎日施術をしております。

 

………………………………………………………………………………

※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

………………………………………………………………………………

経歴 松井 孝之

推薦

痛みのある人を救いたいという気持ちがスゴイです

院長 白井 天道先生
ホームページ 西住之江整体院

坐骨神経痛、足のシビレ専門整体院

————————————————————
※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
———————————————————–

絶対よくするんだという熱い想いをもった先生です

院長 仲山 竜一郎 先生
ホームページ なかやま鍼灸整体院

慢性的な不調を改善する専門整体院

————————————————————
※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
———————————————————–

同業者の推薦の声

あなたがいくら痛み・辛さを訴えても、医師が真剣に聞いてくれない3つの秘密

秘密①西洋医学は検査で見えるものだけで判断するから

例えば腰が悪ければレントゲンやMRIをとり、その画像検査でなにもなければ「異常なし」という判断になってしまいます。

しかし体が歪んだりして腰が悪い状態になり、その状態が何年も続くことで骨が耐えられなくなり結果的に変形してしまう。そうならないと画像検査や血液検査には異常が写らないのです。

つまり

西洋医学の検査はかなり悪化した状態にならないと写らない。

 

そして医師は基本検査で異常がなければ問題なしということになります。

 

秘密②専門分野に分かれているが体全体は診ないから

 

西洋医学では専門分野に分かれています。

それは専門分野に特化するのでいいのですが、欠点もあります。

悪くなった臓器や箇所を見ることは得意ですが、全体をみていないのでわからない部分ができてしまう。

 

しかし全体をみたり実際に体の捻れ、お腹の硬さ、動きの硬さをみないと慢性症状の原因はわからないことが多いだから

「この症状は内科かも知れないから・・・」

「これは整形外科にいってみてください・・・」

などわからないから色んな科をたらい回しにされるケースがでてきてしまうのです。

 

秘密③西洋医学は命に関わることが優先して発達しているから

 

脳梗塞、ガン、心臓疾患、腎不全など、西洋医学は命に関わる重篤な疾患や手術が必要な疾患を中心に研究や勉強が進んでいます。

 

慢性症状のように辛いですが、手術や入院の必要のないものはそこまで重視されていないのではないかと思います。

 

だからほとんどのところで経過観察、痛み止めや注射、シップなどで終わってしまいます。

 

LINE

ジャンパーズニーのQ&A

Q病院にいくと安静にしてくださいといわれます。でも練習は休みたくありません。それでも見てもらえますか?

A大丈夫です!

症状の進行度合いにもよりますが、施術してその場で痛みが取れてしまう場合はそのまま運動しても大丈夫です。

ジャンパーズニーだから安静!ではなく、練習を続けられるように一気に練習を全てするというより、少しづつ様子をみながら復帰したり、ご自身のケア方法もお教えしますので、それを実践しながら経過をみて判断していきます。

 

Q冷やすのと温めるのはどっちがいいんでしょうか?

A運動直後など筋肉に炎症が起こっている場合冷やします。

しばらくして触っても熱がなくなったら温めた方が血流改善し治る力がよりでやすくなります。

 

 

想像してみて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたの腰痛がなくなると、

お子さまを気兼ねなく抱っこしたり、

一緒に遊ぶこともできるでしょう。

あなたの肩こりがなくなると、長時間のデスクワークやパソコン作業、家事も気持ちよくこなすことができるでしょう。あなたの頭痛がなくなると旅行やスポーツなどの趣味もこれまで以上に楽しむことができるでしょう。

私たちは辛い症状をとるだけでなく、辛い症状がなくなれば何をしたいのか、それをサポートする存在でありたいと思います。

なんか信用できそう!

と感じられた方はいますぐお電話ください。

私たちが誠心誠意、施術、説明をさせて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加