肋間神経痛

他院では改善しなかった肋間神経痛がなぜ?当院の無痛整体でずっとつらかった症状が緩和し、毎日が楽になるのか?

他院では改善しなかった肋間神経痛がなぜ?当院の無痛整体でずっとつらかった症状が緩和し、毎日が楽になるのか?

ゆたか整体院テレビ取材画像

  • 病院で肋間神経痛と診断されたが、治療自体はなにもしなくて不安
  • 帯状疱疹はないのに肋間神経痛と診断された
  • 1ヶ月以上原因不明の肋骨の痛みがある
  • 原因もないのに急に肋骨や背中が痛くなった

 

もし一つでも当てはまるなら当院がお役に立てるかもしれません

 

1人で悩まずにまずはお気軽にお電話ください。

電話番号

お電話の際に「ホームページを見ました」とおっしゃってください。

初見料の3000円を無料にさせていただきます。

※クーポンの適応は実費施術のみとなります

※他の特典とは併用はできません

お客様の声

体がかるーくなりました!!

お客様写真
アンケート用紙

体がかるーくなりました!!

肩や背中の痛みがひどくて長い間悩んでいました。「なんだかだるいなあ」「体が重くてしんどいなあ」と思う日々…整骨院やマッサージにも通っていましたが、楽になるのはその日だけで改善にはつながらずあきらめていました。

松井先生に出会い1回目の施術で「体が軽くなった!!」と感じました。「本来はこの状態ですよ」と話して下さり、びっくりです。とても嬉しくなりました。痛みの原因となっている部分を丁寧に説明して施術(固い所をギュウギュウ押すのではない)して下さるので、どんどん良くなっていき、気持ちいいです!

仕事も趣味のスポーツもがんばっています。

西本敦子 様  28歳  女性  大阪市  保育士

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

こんな素敵な整体院は初めて

アンケート用紙

更年期からか、肩こり目の疲れからくる頭痛、体重増加に悩んでいましたがなかばあきらめながらも体力作りと体重を落とすためジムに通い始めた頃、友達に誘われ「ゆたか整体院」に通うことに…松井先生は今の身体の状態をとても詳しく聞いて下さり、説明しながら丁寧に治療して下さいます。

私はもともと身体が硬いのでこれが普通だと思っていたのですが、硬くなっている肩甲骨を丁寧にほぐして下さることで背中に背負っていた荷物を1つずつ下ろしていく様に背中が軽くなっていくのを毎回感じています。背中の筋力がほぐれることで代謝も良くなっていくそうです。

また、通っているジムのマシンの使い方や立ち方までとても詳しく説明して下さいます。

そして、何より感動したのが私が体調をくずし予約をキャンセルした際、すぐに体調を気遣って下さるハガキが届いた事でした。

こんな素敵な整体院は初めてで少し遠いですがこれからもお世話になろうと思っています。

ふじた 50歳 女性 守口市 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

自分の体に以前より注意するようになりました

アンケート用紙

痛くて困っていた時から看ていただいているので

以前と違ってどのように良くなっているかが理解できます

「なぜ痛みが出るのか」「どうしたら良いのか」など疑問に思ったことを聞くと丁寧に教えて下さるので勉強になり自分の体に以前より注意するようになりました

橋野 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

肋間神経痛について

肋間神経痛とはなに?

肋間神経痛とは、あくまで症状のことであり病名ではなく、肋骨の付近の神経が何らかの原因で痛む症状のことです。

特に中年期以降の女性に見られることが多い症状ですが、その原因・症状は多様で、整形外科などでも原因がわからず、肋骨がいたければ肋間神経痛と診断されることがあります。

 

 

肋間神経痛の原因は?

実は肋間神経痛の原因は複数あり、各原因と整形外科的な治療法をご説明していきます。

 

原発性肋間神経痛

原発性肋間神経痛の「原発性」とは、いわゆる「原因不明」のことです。つまり、原発性肋間神経痛とは「原因不明の肋間神経痛」のことで、様々な原因の中でも、最もよく見られるものです。

 

原発性肋間神経痛の原因は、よくあるのが筋肉の使いすぎ・疲労・ストレスや、不自然な姿勢を長時間とったために、神経が筋肉・骨に挟まれたり締め付けられたりして、痛みが起こるというものです。

 

神経が筋肉・骨には圧迫されていたことが原因となっていた場合には、姿勢を正して神経へのストレスを開放することにより、通常短時間で肋骨付近の痛みは改善していきますが、姿勢を正しているにも関わらず痛みが持続する、むしろ痛みが悪化していくといったような場合には、原発性肋間神経痛ではなくヘルニアや狭心症など他の原因が考えられます。

 

帯状疱疹ウイルス

帯状疱疹ウイルス(VZV)は神経節の中に潜伏していて、全身の免疫力が低下すると神経細胞を取り囲んでいるサテライト細胞の中で増殖するのですが、この帯状疱疹ウイルスが原因で肋間神経痛が発症する場合があります。

 

帯状疱疹ウイルスが原因の肋間神経痛の症状の特徴としては、

・持続性の痛み(しかも激痛)

・赤い発疹や水ぶくれが現れる

などがありますが、発疹や水ぶくれは必ず出現するというわけではなく、時には出てこない場合もあるので、その場合には帯状疱疹ウイルスが原因であるということの特定が難しくなってきます。

 

帯状疱疹ウイルスが原因で肋間神経痛が発症している場合には、原因となっている帯状疱疹ウイルスに対する処置が必要です。(この場合は病院での対処が主になります)

 

帯状疱疹ウイルスに対する処置としては、

・アシクロビル、ファクシクロビル、ビダラビンなどの抗ウイルス薬の点滴・内服

・安静にして体力を回復させる

などがありますが、帯状疱疹の症状が改善したにも関わらず、肋間神経痛は残ってしまうということが少なからずあり、そのような場合には、

・神経節ブロック

・理学療法

・非ステロイド性抗炎症薬

・抗うつ剤

・抗けいれん剤

などによる対症療法を行う場合があります。

この場合は整体や鍼灸も有効です。

 

椎間板ヘルニア

ヘルニアが原因で神経が圧迫され、肋間神経痛が引き起こされる場合もあり、特に椎間板ヘルニアの一種である胸椎椎間板ヘルニアの際に肋間神経痛が起こることがよくあるのですが、胸椎椎間板ヘルニア自体がまれな疾患のため、ヘルニアが肋間神経痛の原因となっていることはあまり多くはないです。

 

ヘルニアが肋間神経痛の原因となっているのかどうかを診断するためには、レントゲンやCTではなく、神経がはっきりと写るMRIによる検査が非常に有効です。

ヘルニアが原因で肋間神経痛が起こっている場合の治療法としては、まずヘルニアに対する治療が必要となります。

 

軽度のヘルニアであれば湿布や鎮痛剤の服用、神経ブロックなどの保存療法がメインとなりますが、保存療法が奏功しない場合には外科手術が行われる場合もあり、ただし、椎間板ヘルニアの手術適応はまだ確立されておらず、手術を行った場合でも5~10%程度は再発してしまうため、現在は可能な限り手術は避け、保存療法でしのごうとする流れとなっています。

 

肋骨骨折

肋骨は当たり所によっては意外と簡単に折れてしまう骨で、例えば机の角で胸を打ったり、満員電車で人に押されたりするだけで骨折してしまうこともあります。しかも肋骨骨折は気がつかない場合も多く、いつの間にか肋骨が骨折して肋間神経痛の原因となっているということもあります。

 

肋骨骨折が原因で肋間神経痛となっている可能性が考えられる場合は、自分で肋骨を指で触ってみるとわかります。

もし肋骨が骨折している場合には、骨折している部位触るとかなりきつい痛みがあるはずで、また、肋骨骨折が起きている場合は、息を吸うと痛みが強くなるというのも特徴です。

 

症状が見られない場合は、原因が骨折以外である可能性が高くなりますが、痛みの感じ方には個人差があるため、詳しく原因を調べるためにはレントゲン検査が必要となります。

 

肋骨骨折が起こってしまった場合の治療法としては、通常は固定帯による固定を行います。ただし、まれに骨折した肋骨により内蔵損傷が起こっていたりする場合もあるため、そのような場合には外科手術が必要となることもあります。

 

狭心症

肋間神経痛の原因で意外と多いのが”狭心症”です。 狭心症を放置した場合、心筋梗塞、心室細動などを引き起こし命に関わることがあるので、必ず医師の診察を受け、しかるべき処置を行う必要があります。

 

狭心症が原因の肋間神経痛の特徴的な症状としては、胸が締め付けられるような痛みが出ることですが、この痛みは通常15分以内で治まります。狭心症は心電図による検査を行い、STの低下を確認することで診断します。

 

狭心症による肋間神経痛が見られた場合の治療法としては、

・ニトログリセリンやアスピリン、カルシウム拮抗薬などの薬物療法

・高血圧や喫煙などの危険因子のコントロール

などがまず第一に行われます。また、ケースによっては冠動脈形成術などの外科手術が行われる場合もありますが、当院は専門ではないので医師に詳しくはご相談ください。

 

 

 

 

 

 

肋間神経痛はどんな症状がでるの?

肋間神経痛の症状は様々ですが、原因によって特徴的な痛み・症状を呈するものもあるため、時に症状から原因を類推することが可能となる場合があります。

 

肋骨を触るとピンポイントで痛みがある

骨折している場合は、骨折部位を指で触ると痛むという肋骨を指で触るとピンポイントで痛いという特徴的な症状があるため、肋骨を指で触るとピンポイントで痛みがある場合は、肋骨骨折が疑われます。また、打ち身や打撲でも同様の症状が現れる場合があるので、痛みが強すぎる場合はレントゲンをとってもらって確認しましょう。

 

息を大きく吸うと痛みがある

息を大きく吸うと痛みがある場合も、肋骨骨折が疑われます。この場合、ケースによっては「ミシミシ」という亀裂音が聞こえることもあります。

 

痛みはあるが短時間で消える

痛みはあるが、短時間で消えると言う場合は、原発性肋間神経痛が最も疑われます。ただし、胸の痛みが数分間~15分程度持続する場合には狭心症も疑われるため、「痛みはあるが短時間で消える」という症状が何度も繰り返す場合は、なるべく早く病院へ行って検査を受ける方がいいかもしれません。

 

胸の痛みが数時間~数日間持続する

胸の痛みが数時間~数日間持続する場合は、帯状疱疹ウイルスや椎間板ヘルニアなどが原因となっている可能性が考えられます。

 

以上、痛み・症状から主に考えられる原因を挙げているが、実際には痛みの出方・症状には大きな個人差があるため、症状だけで原因を特定することは不可能ですので、上記はあくまでも参考程度にしてください。

 

 

 

 

肋間神経痛に対する当院の考え方

帯状疱疹の痛みや狭心症、肋骨骨折の痛みは整体の対象外ですが、原因不明の肋骨の痛みや帯状疱疹の治癒後の肋骨の痛みは整体の対象だと考えています。

 

肋間神経痛がある方は骨盤や背骨自体にねじれがあり、その影響で肋骨が左右非対称で肋間神経を圧迫してしまっています。

 

またその体の捻れの原因がストレスや精神的に疲れがでてお腹が固くなり捻れが大きくなっている方が多いです。

 

なので当院では体の骨格的な捻れも整えますが、ストレスやお腹を緩めることを施術で行っていきます。

 

そうすることで整形では原因不明だった肋間神経痛が楽になりますよ。

 

もし今あなたが肋間神経痛でどうすればいいかわからないけど辛い

今の治療で全然楽にならないというのなら1度当院にご相談ください。

 

 

あなたがいくら痛み・辛さを訴えても、医師が真剣に聞いてくれない3つの秘密

秘密①西洋医学は検査で見えるものだけで判断するから

例えば腰が悪ければレントゲンやMRIをとり、その画像検査でなにもなければ「異常なし」という判断になってしまいます。

しかし体が歪んだりして腰が悪い状態になり、その状態が何年も続くことで骨が耐えられなくなり結果的に変形してしまう。そうならないと画像検査や血液検査には異常が写らないのです。

つまり

西洋医学の検査はかなり悪化した状態にならないと写らない。

 

そして医師は基本検査で異常がなければ問題なしということになります。

 

秘密②専門分野に分かれているが体全体は診ないから

 

西洋医学では専門分野に分かれています。

それは専門分野に特化するのでいいのですが、欠点もあります。

悪くなった臓器や箇所を見ることは得意ですが、全体をみていないのでわからない部分ができてしまう。

 

しかし全体をみたり実際に体の捻れ、お腹の硬さ、動きの硬さをみないと慢性症状の原因はわからないことが多いだから

「この症状は内科かも知れないから・・・」

「これは整形外科にいってみてください・・・」

などわからないから色んな科をたらい回しにされるケースがでてきてしまうのです。

 

秘密③西洋医学は命に関わることが優先して発達しているから

 

脳梗塞、ガン、心臓疾患、腎不全など、西洋医学は命に関わる重篤な疾患や手術が必要な疾患を中心に研究や勉強が進んでいます。

 

慢性症状のように辛いですが、手術や入院の必要のないものはそこまで重視されていないのではないかと思います。

 

だからほとんどのところで経過観察、痛み止めや注射、シップなどで終わってしまいます。

 

本当に治したいならやってはいけない3つのこと

その1、施術院選びを間違えない

今現在施術院はコンビニよりも多いといわれています。

そんなたくさんの施術院がある中で

「どこにいけばいいかわからない・・・」

「どんなことされるんだろう・・・」

そんな不安を持っているのは当然だと思います。

 

実際、国家資格の整骨院や鍼灸院、民間の整体、マッサージ店なども含めると10万件は全国で存在しているといわれています。

特に大阪は全国でも人口に対しての施術院の数はトップです。

 

通う場所で技術はもちろん、価値観や考え方は全く違うものになります。

もしあなたがちゃんと体を見て欲しいのなら

・親身になってちゃんと話を聞いてくれるのか

・施術の効果はちゃんとでているのか、毎回流れ作業になっていないか

・身体の説明をしてくれるか

・予約を強要されたり毎日来い!など来させることが目的になっていないか

 

あなたがもし今どこかに通われているなら一度考えてみてください。

 

 

 

その2、自分で調べた情報で自己判断してしまう

今は便利な時代でネットを調べればたくさんの情報に溢れています。

その中には間違った情報がたくさんあります。

正しい情報でも全ての人に当てはまることはありません。

 

例えば

当院に来られる方も、テレビで見た運動で余計に痛くなりました。

ネットで自分の症状はもう手術しかないと書いてあって、もう治らないと思っていました。

こんな声もよく聞くことがあります。

 

実際体を見ると

テレビで見た運動はその人の体では余計に負担になる運動だった

ネットで見ていた症状は似ているけど違うものだった

そもそもその内容自体が間違っていた

 

こんなケースもよくあります。モチはモチ屋と昔からいいますが、自己判断するのでなく、一度専門家に相談してみることをおススメします。

 

 

その3、我慢する、いつも自分のことが最後になってしまう

症状がなかなか良くなっていかず、長期間もってる場合は、あまり痛いとか不調を訴えると、周りの人にサボってるだけ、気合が足りない、と周りの人に言われたりして言いづらくなっていませんか?

あなたがサボったり気合が足りなくて言っていないのを私たちはわかっています。今の辛い症状はあなたのせいではありません。

 

また当院に来られる方で、子供や親の介護、友人が優先になりいつも自分のことが最後になってしまう方がたくさん来られます。

 

優しいあなたはいつも自分を最後にしてしまいますが、あなたが倒れたら周りはどうなりますか?あなたが健康でいることが周りのためにもなります。

そのことを再認識してもう自分を最後にするのをやめませんか?

 

 

 

肋間神経痛のQ&A

Q肋骨の部分に原因不明の痛みが定期的にきます。こういうものも診てもらえますか?

A大丈夫です。

定期的にでるということは整形でいう原因不明の肋間神経痛である可能性が高く、おそらく体の捻れやお腹の固さがあるのだと思います。

 

お体を見させていただけたら詳しい状態を説明させていただきますね。

 

Q痛み止めが全然効きません。そんな状態でも大丈夫ですか?

A大丈夫です。

痛み止めが効かないのはかなり長期間痛みがあり服用も長期間しているのであれば、体に耐性ができて薬の効果が薄くなってしまっている可能性があるのと、そもそも体の捻れの痛みなら痛み止めが最初から効かないこともあります。

 

痛み止めは対症療法です。根本解決ではありません。

なにが原因か知ることが大切になります。

 

 

あなたはいつまでお金を無駄にしますか?

ずっと変化がないまま通院をつづけた場合

整骨院

整骨院の場合

週2回で1年通った場合(3割負担の場合)

自己負担分1回約500円の場合は52週×2×500円=52000円

健康保険負担分 約12万円

 

整形外科もだいたい3割で1回500円程度するので同じ額です。

 

 

安い60分2980円のマッサージ店、ストレッチ店

マッサージの場合

週に1回1年通った場合

 

2980円×52週=154980円

 

 

※その場しのぎでこれだけの額がかかってきます

 

 

 

手術をした時(ヘルニアの場合)

手術の場合

85%の腰痛の原因は画像では判断できないといわれています。

 

病院や手術の方法にもよりますが、2週間入院(3割負担の場合)

 

自己負担分 15~30万円 健康保険負担分 35万~70万

 

入院期間は働くことができません

 

 

 

当院での通院の目安(集中治療期間)

軽い症状(約2週間~1ヶ月)

最初は4~5回詰めて通院その後は症状のきつさに合わせて頻度が変わります

 

重い症状(約1ヶ月~1ヶ月半)

最初は7~8回詰めて通院その後は症状のきつさに合わせて頻度が変わります

 

 

整形外科疾患(1ヶ月半~2ヶ月)

最初は10~12回詰めて通院その後は症状のきつさに合わせて頻度が変わります

 

 

※あくまで目安なので実際にお体をみさせていただいたり経過をみながら変化します。

 

 

一人で悩まず1度ご相談ください。

電話番号

初見はお一人お一人今の辛い状況のお話を聞いたり、体の検査、説明にもしっかり時間をかけていますので本来なら初見料3000円を頂いているのですが、ホームページをご覧の方は初見料を無料にさせていただいています。

 

電話で「ホームページを見たんですが」とおっしゃってください。

 

 

 

 

追伸

痛み、不調は体からの警告です。

 

当院に来られる方の中で、

「もうこの症状とずっと付き合うのかと思っていた。」

「もっと早く出会えてればよかった」

「これで我慢してた旅行にいけます!」

 

などの声を頂くことがあります。

そのたびにこの仕事を本気でやっていてよかったな~と思います。

 

寝たきりも、辛くてどうしようもない症状も最初は少しの違和感や不調から起こってきます。

体の不調は

「今ちょっとおかしい状態だからなんとかしてね」

という体からのアラーム、警告です。

 

早く対処すればするほど早くよくなる可能性があります。

 

人生の時間は有限です。

 

その限られた時間の中で

・痛くて外出もしたくない

・痛みで朝起きるのが怖い

・大好きだった趣味ができない

という苦しい時間ではなく、

 

・今度ここに旅行いって楽しみたい

・今までセーブしていた仕事を頑張りたい

・運動不足だし体を動かして気持ちよくなりたい

 

など充実した時間、楽しい時間にするお手伝いができればと思います。

 

もし今痛みや辛さに不安があるのなら1度ご連絡ください。

私たちが誠意をもって担当させていただきます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加