頸部脊柱管狭窄症

他院では改善しなかった脊柱管狭窄症がなぜ?当院の無痛整体でずっとつらかった症状が緩和し、毎日が楽になるのか?

他院では改善しなかった脊柱管狭窄症がなぜ?当院の無痛整体でずっとつらかった症状が緩和し、毎日が楽になるのか?

ゆたか整体院テレビ取材画像

  • 頸部脊柱管狭窄症と診断されて経過観察といわれている
  • 頸部脊柱管狭窄症で手術を進められてがする気はない
  • 手にシビレがあり、手に力が入りにくくなっている
  • 首が痛み、腕、頭までシビれる

 

もし一つでも当てはまるなら当院がお役に立てるかもしれません

 

 

 

 

 

1人で悩まずにまずはお気軽にお電話ください。

電話番号

お電話の際に「ホームページを見ました」とおっしゃってください。

初見料の3000円を無料にさせていただきます。

※クーポンの適応は実費施術のみとなります

※他の特典とは併用はできません

お客様の声

おそるべし!ゴッドハンド!!

アンケート用紙

おそるべし!ゴッドハンド!!

 

最悪なレベルの狭さく症だと聞いてガクゼンとしましたが私以上に根気よく、そして親切ていねいに対応・施術して頂きました。

 

また私のつまんない話(笑)にも気さくにお付き合いして頂いて、本当に楽しく気軽に通院させてもらってます。

 

本当にありがとう!!

 

 

山本新吾 様  50才  男性  大阪市都島区  自営業

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

首、肩のコリがほぼ解消し、手のシビレがなくなりました。

アンケート用紙

5~6年前から肩こりと首こりに悩まされておりました。

最初は読書を続けると首が回らなくなったり、自転車に乗ると手がしびれるといった症状が出てきて困っておりました。

本院で3~4回施術していただいたところ、首、肩のこりがほぼ解消し、手のしびれもなくなりました。

身体のもつ自然治癒力を生かすという施術方針には納得させられた次第です。

身体に無理がかからない整体施術なので、安心して施術が受けられます。

56歳 男性 大阪市都島区友渕町 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

もっと早くゆたか整体院にくればよかった

アンケート用紙

最初は娘の猫座、O脚を治してもらいに来てたのですが

私も腰、股関節が痛くなり夜もつらくて寝れなかったので

岡田先生に施術をうけて、びっくりするぐらい体が楽になり、受けたその日から

夜中に起きることもなく、寝れる様になりすごくうれしかったです。

それからは昔に首を痛めた肩など施術を受けてますが、来るたびに

体が良くなって行くのがわかります。

もっと早くゆたか整体院に来れば良かったと思っています。

これからも末長く施術を続けたいと思います。

匿名希望  都島区

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

本当に感謝しています

アンケート用紙

長い間、首痛、ひざ痛に悩まされていました。

症状がでた時は整形外科に通い、電気等を受けてきました。今回の症状はいつもと違い2か月通院しましたが、まったく改善されずどうしたものかと悩んでいた所、友人にこちらのゆたか先生を紹介していただきました。整体院へは行ったことがなく正直少し不安でしたが(…すみません)思いきって行ってみました。初診では話をよく聞いていただいて理解していただき「治りますよ、一緒に頑張りましょう!」と言っていただいた時は気持ちが楽になり、心の不安がとれたことよく覚えています。

回数を重ねる度に症状も緩和され、本当に感謝しています。

松井先生は話やすくいつも優しく親切に対応していただきありがとうございます。

一度治療を受けると良さが分かります!!

45歳 女性 柏原市 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

人生変わりました!

アンケート用紙

頸椎椎間板ヘルニアで肩から指にかけての強いしびれとどんつう、そして洗髪もできないほどの筋力と持久力に低下とだるさに腕を切り捨ててしまいたいと思うほどの辛さに襲われました。もう外科手術でも何でもこの辛さがなくなるなら受けてみよう。そう思い出した頃、ネット検索で松井先生に巡り会い、わらをも掴む心境で施術を受けました

初回から手応えを感じもしかするといけるかも?

そう感じて松井先生にかけてみたのです。10回の施術を受けた頃からずいぶん楽になり、今ではしびれも鈍痛もなく筋力も元通り回復しています

軽く触れる程度の施術なのに不思議です。まさしくゴッドハンドです。人生変わりました!

西川幸一 60歳 男性 大阪市中央区安土町 フリーランス

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

頸部脊柱管狭窄症について

頸部脊柱管狭窄症とはなに?

頸部脊柱管狭窄症とは、頸部の脊柱管が狭くなり、脊髄や神経根が圧迫されて起きる症状である。脊柱管は「頭部と体をつなぐ重要な部分を守る役割」を担っているので、脊柱管が狭くなると、神経や脊髄が圧迫され、痛みやしびれといった症状が現れるようになる。

初期症状として、肩こりやめまい、頭痛などが見受けられるが、症状が悪化していくと歩くことが困難になったり、日常生活に障害を及ぼしたりする。

頸部脊柱管狭窄症の原因は?

頸部脊柱管狭窄症となる要因には、先天的なものと後天的なものがある。

・先天的なもの→遺伝で生まれつき頚椎の脊柱管が狭い

・後天的なもの→骨の変形や椎間板・靭帯の突出

 

後天的な頸部脊柱管狭窄症として、体力の衰えや若い頃に受けた体のダメージなどが当てはまる。

・加齢による老化(老化が原因の人が圧倒的に多い)

・運動や事故で首に衝撃を受けた

・首に負担のかかる姿勢を長時間続けている

頸部脊柱管狭窄症は、50代~60代頃になると症状が見受けられるが、変性は20代から少しずつ始まっていると言われているため、なるべく首に負担がかからないように日常生活でも気をつける必要がある。

頸部脊柱管狭窄症はどんな症状がでるの?

頸部脊柱管狭窄症のおもな症状

・首に痛みを感じる、首がしびれる

・手足がしびれる、または痛みを感じる

・少しずつ指が動かしにくくなる(ボタンがうまくかけられなくなったり、箸使いが上手にできなくなる)

・足に力が入らなくなり、歩きにくくなる

 

上記に挙げた症状がさらに重くなると、握力が弱って物をつかめなくなったり、排便・排尿障害に至ることもある。

 

脊柱管が狭くなるなどの原因で脊髄が圧迫されると、中枢神経にも影響がおよび、首筋の痛みや手のしびれ以外にも、さまざまな部位に症状が現われるのが特徴といえる。

 

首の脊髄には、手足の神経以外にも、排尿や排便をつかさどる神経も通っているため、排便・排尿にも障害が出てしまう。

頸部脊柱管狭窄症の西洋医学的な検査と治療

検査

問診

自覚症状などをチェックし、考えられる病気の範囲を狭めていく。

問診内容例

・いつから痛み出したか。

・一番痛みがひどいのはどういう体勢のときか。

・その他患者の気になる症状など。

手技検査

脊柱管狭窄症に見られる特徴的な反応があるかどうか、患者の体に刺激を与えてチェックする。

手技検査内容例

・膝やアキレス腱に刺激を与えて神経反射を見る。

・麻痺の有無を調べるために尖ったものを皮膚にあてる。

・特定の部位の筋力を調べて神経の麻痺の状況を確認。

・仰向けに寝た状態でかかとを上げ、痛みの具合から症状の有無を確認。

画像検査

実際に患部がどうなっているのか機器を使って確認します。通常はレントゲン、場合によってはCTやMRIも使う。

 

画像検査内容例

・レントゲンで骨の変形や神経への圧迫状況などを見る。背中から造影剤を注入する場合も。

・サーモグラフィーで皮膚の表面温度を確認して症状の原因を調べる。

 

以上のような検査を経て、痛みの原因となる部分を特定する。

また患部をより正確に特定するために、麻酔で一時的に痛みが消えるかどうかなど確認する場合も。

 

 

 

治療方法

主な手術方法

頸椎前方固定術

前方から脊髄や神経根を圧迫する症状に対してとられる手術法。首を前方から切開し、脊髄や神経根を圧迫しているヘルニアや椎間板などの要因を除去する。

椎間板を摘出した空間を埋める必要があるため、骨や金属製のネジなどでスペースを充填し、脊椎を固定する手術も同時に施す。

脊椎を圧迫する要因を直接取り除くことが可能なことから、スムースな症状回復が見込める手術方法である。

 

椎弓形成術

脊柱管拡大術ともいわれる手法。椎弓に切り込みを入れて切開し、その開いた隙間に別の部位の骨や人工骨を押し入れて脊柱管を拡大し、脊髄を圧迫から解放する手術方法である。

椎弓形成術の中でも、椎弓を開く方法で縦割式と片開き式とに分類される。

縦割式は、椎弓の正中で開く方法で、片開き式は椎弓の片側だけを切りこむことでドアのように開く方法である。

保存療法

薬物療法・・・「鎮痛剤」、「筋弛緩薬」、「循環障害改善薬」、「ビタミンB12」、「抗不安薬」

胃腸障害や眠気、出血しやすくなるなどの副作用が現れる可能性

装具療法・・・狭窄が起こっている頸椎部分に「軟性コルセット」を巻いて、狭窄を軽減できる位置で頸椎を固定

温熱療法・・・ただし急性期はNG。頸部脊柱管狭窄症の初期の激痛は、患部での炎症が原因であるため。

通電療法・・・「ゲートコントロール」脊椎付近に電極を埋め込み、電気的な刺激を与えることで痛みを緩和。

運動療法・・・筋力が低下することで更に頚椎を支えにくくなり、脊柱管を圧迫しやすくなってしまう。「8の字スクリュー」「ネコ伸び体操」

神経ブロック療法・・・痛みの伝わりを遮断する。「神経根ブロック」「硬膜外ブロック」

 

 

 

頸部脊柱管狭窄症に対する当院の考え方

頸部脊柱狭窄症で手足にシビレまででている方はかなり難しいです。

特に老化ででたものでなく、昔ラグビーやアメフトなどかなり強い衝撃を受けて狭窄症になった方は難しく、当院では状況をみてお断りすることもあります。

 

首に強い衝撃を受けすぎてでている症状は狭窄がきつい方が多く、整体では難しいと考えています。

 

それでも

手術をせずになんとかしていきたい

病院では経過観察でなにもしてくれないが少しでも楽になりたい!

という方は1度ご相談ください。

 

頸部脊柱管狭窄症の原因ですが、当院では首の微妙なズレが関係していると考えています。

脊柱管狭窄症がある方でも狭窄症にプラスして首のズレがあると神経を圧迫しやすく症状がでてしまいます。

 

あとは首のズレがでている原因が肩や腰、お腹、足首など広い範囲で関係しているので、それらの全身のバランスも考慮して施術していきます。

 

もしあなたが手術なしでいきたい

今の治療に満足していないなら1度当院にご相談ください。

あなたがいくら痛み・辛さを訴えても、医師が真剣に聞いてくれない3つの秘密

秘密①西洋医学は検査で見えるものだけで判断するから

例えば腰が悪ければレントゲンやMRIをとり、その画像検査でなにもなければ「異常なし」という判断になってしまいます。

しかし体が歪んだりして腰が悪い状態になり、その状態が何年も続くことで骨が耐えられなくなり結果的に変形してしまう。そうならないと画像検査や血液検査には異常が写らないのです。

つまり

西洋医学の検査はかなり悪化した状態にならないと写らない。

 

そして医師は基本検査で異常がなければ問題なしということになります。

 

秘密②専門分野に分かれているが体全体は診ないから

 

西洋医学では専門分野に分かれています。

それは専門分野に特化するのでいいのですが、欠点もあります。

悪くなった臓器や箇所を見ることは得意ですが、全体をみていないのでわからない部分ができてしまう。

 

しかし全体をみたり実際に体の捻れ、お腹の硬さ、動きの硬さをみないと慢性症状の原因はわからないことが多いだから

「この症状は内科かも知れないから・・・」

「これは整形外科にいってみてください・・・」

などわからないから色んな科をたらい回しにされるケースがでてきてしまうのです。

 

秘密③西洋医学は命に関わることが優先して発達しているから

 

脳梗塞、ガン、心臓疾患、腎不全など、西洋医学は命に関わる重篤な疾患や手術が必要な疾患を中心に研究や勉強が進んでいます。

 

慢性症状のように辛いですが、手術や入院の必要のないものはそこまで重視されていないのではないかと思います。

 

だからほとんどのところで経過観察、痛み止めや注射、シップなどで終わってしまいます。

 

あなたがいくら痛み・辛さを訴えても、医師が真剣に聞いてくれない3つの秘密

秘密①西洋医学は検査で見えるものだけで判断するから

例えば腰が悪ければレントゲンやMRIをとり、その画像検査でなにもなければ「異常なし」という判断になってしまいます。

しかし体が歪んだりして腰が悪い状態になり、その状態が何年も続くことで骨が耐えられなくなり結果的に変形してしまう。そうならないと画像検査や血液検査には異常が写らないのです。

つまり

西洋医学の検査はかなり悪化した状態にならないと写らない。

 

そして医師は基本検査で異常がなければ問題なしということになります。

 

秘密②専門分野に分かれているが体全体は診ないから

 

西洋医学では専門分野に分かれています。

それは専門分野に特化するのでいいのですが、欠点もあります。

悪くなった臓器や箇所を見ることは得意ですが、全体をみていないのでわからない部分ができてしまう。

 

しかし全体をみたり実際に体の捻れ、お腹の硬さ、動きの硬さをみないと慢性症状の原因はわからないことが多いだから

「この症状は内科かも知れないから・・・」

「これは整形外科にいってみてください・・・」

などわからないから色んな科をたらい回しにされるケースがでてきてしまうのです。

 

秘密③西洋医学は命に関わることが優先して発達しているから

 

脳梗塞、ガン、心臓疾患、腎不全など、西洋医学は命に関わる重篤な疾患や手術が必要な疾患を中心に研究や勉強が進んでいます。

 

慢性症状のように辛いですが、手術や入院の必要のないものはそこまで重視されていないのではないかと思います。

 

だからほとんどのところで経過観察、痛み止めや注射、シップなどで終わってしまいます。

 

本当に治したいならやってはいけない3つのこと

その1、施術院選びを間違えない

今現在施術院はコンビニよりも多いといわれています。

そんなたくさんの施術院がある中で

「どこにいけばいいかわからない・・・」

「どんなことされるんだろう・・・」

そんな不安を持っているのは当然だと思います。

 

実際、国家資格の整骨院や鍼灸院、民間の整体、マッサージ店なども含めると10万件は全国で存在しているといわれています。

特に大阪は全国でも人口に対しての施術院の数はトップです。

 

通う場所で技術はもちろん、価値観や考え方は全く違うものになります。

もしあなたがちゃんと体を見て欲しいのなら

・親身になってちゃんと話を聞いてくれるのか

・施術の効果はちゃんとでているのか、毎回流れ作業になっていないか

・身体の説明をしてくれるか

・予約を強要されたり毎日来い!など来させることが目的になっていないか

 

あなたがもし今どこかに通われているなら一度考えてみてください。

 

 

 

その2、自分で調べた情報で自己判断してしまう

今は便利な時代でネットを調べればたくさんの情報に溢れています。

その中には間違った情報がたくさんあります。

正しい情報でも全ての人に当てはまることはありません。

 

例えば

当院に来られる方も、テレビで見た運動で余計に痛くなりました。

ネットで自分の症状はもう手術しかないと書いてあって、もう治らないと思っていました。

こんな声もよく聞くことがあります。

 

実際体を見ると

テレビで見た運動はその人の体では余計に負担になる運動だった

ネットで見ていた症状は似ているけど違うものだった

そもそもその内容自体が間違っていた

 

こんなケースもよくあります。モチはモチ屋と昔からいいますが、自己判断するのでなく、一度専門家に相談してみることをおススメします。

 

 

その3、我慢する、いつも自分のことが最後になってしまう

症状がなかなか良くなっていかず、長期間もってる場合は、あまり痛いとか不調を訴えると、周りの人にサボってるだけ、気合が足りない、と周りの人に言われたりして言いづらくなっていませんか?

あなたがサボったり気合が足りなくて言っていないのを私たちはわかっています。今の辛い症状はあなたのせいではありません。

 

また当院に来られる方で、子供や親の介護、友人が優先になりいつも自分のことが最後になってしまう方がたくさん来られます。

 

優しいあなたはいつも自分を最後にしてしまいますが、あなたが倒れたら周りはどうなりますか?あなたが健康でいることが周りのためにもなります。

そのことを再認識してもう自分を最後にするのをやめませんか?

 

 

 

頸部脊柱管狭窄症のQ&A

Q足に麻痺もあり手も動きづらくなっています。この状態でも大丈夫ですか?

A少し難しいかもしれません。

首のヘルニアもかなり進行している状態の時足の方まで症状がでてきます。なのであなたの狭窄症もかなり進んでいる可能性があります。

 

1度医師に相談してもらい、それでも手術がイヤなら1度お身体をみさせてもらい施術ができるかの判断をさせてもらいます。

 

Q物を握ることがきつくなってきています。見てもらえますか?

A大丈夫です。

物を握りにくくなるというのは頸部脊柱管狭窄症の症状の一つですが、実は握りにくくなるという症状は他の箇所もかなり関係しています。

肘、肩、手首、指など各関節がズレていても握りにくい症状がでる可能性があります。

 

首だけでなく全体の捻じれや動きも確認して反応をみながら施術していきます。

あなたはいつまでお金を無駄にしますか?

ずっと変化がないまま通院をつづけた場合

整骨院

整骨院の場合

週2回で1年通った場合(3割負担の場合)

自己負担分1回約500円の場合は52週×2×500円=52000円

健康保険負担分 約12万円

 

整形外科もだいたい3割で1回500円程度するので同じ額です。

 

 

安い60分2980円のマッサージ店、ストレッチ店

マッサージの場合

週に1回1年通った場合

 

2980円×52週=154980円

 

 

※その場しのぎでこれだけの額がかかってきます

 

 

 

手術をした時(ヘルニアの場合)

手術の場合

85%の腰痛の原因は画像では判断できないといわれています。

 

病院や手術の方法にもよりますが、2週間入院(3割負担の場合)

 

自己負担分 15~30万円 健康保険負担分 35万~70万

 

入院期間は働くことができません

 

 

 

当院での通院の目安(集中治療期間)

軽い症状(約2週間~1ヶ月)

最初は4~5回詰めて通院その後は症状のきつさに合わせて頻度が変わります

 

重い症状(約1ヶ月~1ヶ月半)

最初は7~8回詰めて通院その後は症状のきつさに合わせて頻度が変わります

 

 

整形外科疾患(1ヶ月半~2ヶ月)

最初は10~12回詰めて通院その後は症状のきつさに合わせて頻度が変わります

 

 

※あくまで目安なので実際にお体をみさせていただいたり経過をみながら変化します。

 

 

一人で悩まず1度ご相談ください。

電話番号

初見はお一人お一人今の辛い状況のお話を聞いたり、体の検査、説明にもしっかり時間をかけていますので本来なら初見料3000円を頂いているのですが、ホームページをご覧の方は初見料を無料にさせていただいています。

 

電話で「ホームページを見たんですが」とおっしゃってください。

 

 

 

 

追伸

痛み、不調は体からの警告です。

 

当院に来られる方の中で、

「もうこの症状とずっと付き合うのかと思っていた。」

「もっと早く出会えてればよかった」

「これで我慢してた旅行にいけます!」

 

などの声を頂くことがあります。

そのたびにこの仕事を本気でやっていてよかったな~と思います。

 

寝たきりも、辛くてどうしようもない症状も最初は少しの違和感や不調から起こってきます。

体の不調は

「今ちょっとおかしい状態だからなんとかしてね」

という体からのアラーム、警告です。

 

早く対処すればするほど早くよくなる可能性があります。

 

人生の時間は有限です。

 

その限られた時間の中で

・痛くて外出もしたくない

・痛みで朝起きるのが怖い

・大好きだった趣味ができない

という苦しい時間ではなく、

 

・今度ここに旅行いって楽しみたい

・今までセーブしていた仕事を頑張りたい

・運動不足だし体を動かして気持ちよくなりたい

 

など充実した時間、楽しい時間にするお手伝いができればと思います。

 

もし今痛みや辛さに不安があるのなら1度ご連絡ください。

私たちが誠意をもって担当させていただきます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加